2012年10月20日

ラオス⇒タイの旅B

ラオスのサワンナケートから対岸のタイのムクダハーンへ。ここは以前ボートで国境越えができましたが、今は第2友好橋が作られ、外国人はバスターミナルからバスでしか行けません(14000キープ)。

★ラオス(サワンナケート)-タイ(ムクダハーン)ラオス側国境ゲート
DSC04208.jpg DSC04207.jpg

★ムクダハーン・タワー(50バーツ)
1996年に国王の即位60周年を記念して建てられた高さ65.5mの展望タワーで、360度展望スペースになっています。ラオスのサワンナケートの街が一望できます。また、1階と2階は博物館になっていて、周辺に住む8民族に関する展示があります。
DSC04217.jpg DSC04246.jpg

★ワット・シーモンコン・ターイ
ムクダハーンの街の伝説上の創始者タオ・キンナリーを祀っている寺院です。
DSC04250.jpg DSC04252.jpg
posted by キョウ at 01:55| Comment(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

ラオス⇒タイの旅A

デット島からナーカサンへ戻り、コーンパペンの滝へからパークセーへ移動。ボート代、ソンテウ代、ミニバス代込みで120000キープ。ちなみに、ナーカサンからパークセーまでのミニバス代のみは40000キープ。

★コーンパペンの滝(30000キープ)
高さ15m、幅300mの滝で、ラオスのナイアガラと呼ばれている滝。ゆったりとしたメコン川、雨季で水量も増して迫力満点。
DSC03912.jpg DSC03957.jpg

★ワット・プー(45000キープ)
パークセーの街から1時間くらいのチャムパーサックにある世界遺産の寺院遺跡。12世紀に完成したと言われています。パークセーからチャムパーサックまでは新しい道ができており、メコン川を渡らなくても行けるようになっていました。
DSC03996.jpg DSC04079.jpg
DSC04022.jpg DSC04023.jpg


パークセーに戻り、サワンナケートへ移動(バス40000キープ)。ラオスの国道13号線とベトナムの国道9号線の分岐点、更にタイとの国境の街です。

★サワンナケートの街並み
聖テレサ教会、中国寺院、ベトナム寺院などがあり、国際色豊かな街です。
DSC04127.jpg DSC04198.jpg
DSC04201.jpg DSC04203.jpg

★タートインハン(5000キープ)
サワンナケート郊外にある、ラオス仏教徒の聖地とされている寺院。16世紀に建立されたと言われていて、高さが9mあります。塔は柵で囲まれていて、女性は立ち入り禁止。市内からはトゥクトゥクで往復150000キープ。
DSC04134.jpg DSC04138.jpg

★恐竜博物館(5000キープ)
サワンナケートは恐竜が多く発掘されており、それらを展示しています。日本の調査団体が発掘した骨も展示されていました。
DSC04171.jpg DSC04174.jpg
posted by キョウ at 01:16| Comment(0) | ラオス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

ラオス⇒タイの旅@

2012年10月10日(水)
カンボジアからの陸路旅です。
カンボジアのストゥントレンからタクシーでラオス国境へ。国境までは約60kmです。バスはプノンペンからの料金を取られるので、タクシーがお勧め。でも高めの10万リエルです。カンボジア側の国境はトロッピアンクリル(ストゥントレン)といい、ラオス側はドンクロロー(ブンカム)らしいです。ここで注意。トロッピアンクリルの手前10kmあたりの街の名前もドンクロローとそっくりな名前なので、「ドンクロローへ行きたい」と言うと、この街で降ろされてしまいます。

カンボジア(トロッピアンクリル)-ラオス(ドンクロロー)国境
DSC03757.jpg DSC03759.jpg

ラオスに入国したら、ソンテウという乗合タクシーで30分強、ナーカサンという街へ(30000キープ)。5年ぶりくらいのラオスですが、物価が高くなっていて驚きでした。当時、1ドル=4000キープ。現在7800キープ(時々8000キープ計算)。
ナーカサンからはボートでデット島へ(30000キープ)。英語もクメール語も通じる便利な所です。

デッド島にある、フランス統治下時代の積み出し埠頭
DSC03905.jpg DSC03907.jpg

橋で結ばれているコーン島への1日入域料(8:00-17:00)は25000キープ。
1)ソムパミット(リーピー)の滝
雨季の終わりなので、水量が多く迫力!
DSC03793.jpg DSC03792.jpg

2)川イルカウオッチング
カンボジア側のビューポイントでイルカを数頭見られました。到着後すぐに現れてくれたので、ラッキー☆
ボートを運転してくれた方がクメール語がわかり、料金を割引してくれたり、漁を見せてくれたりしました。
DSC03850.jpg DSC03827.jpg

3)ワット・コーンタイ
コーン島にある現代寺院。
DSC03877.jpg DSC03875.jpg

4)蒸気機関車
ナローゲージと呼ばれるミニ機関車。以前訪れた際は野ざらしでしたが、屋根やパネルが作られて保管されていました。
DSC03879.jpg DSC03885.jpg

5)鉄道橋
コーン島とデッド島と繋ぐ橋の延長部分にあります。ちょっと見つけにくいです。
DSC03891.jpg DSC03893.jpg

デット島もコーン島も、看板やメニューがほとんど英語で観光地化されていたのに驚きました。
でも、静かで星が綺麗で、ゆったりとした時間が流れている所が変わらないラオスの1日でした。
DSC03767.jpg DSC03771.jpg
posted by キョウ at 22:43| Comment(0) | ラオス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

ストゥントレンの旅

2012年10月9日(火)
カンボジアのストゥントレン州に遊びに行ってきました。プノンペンからはGSTのバス(40000リエル)で約12時間の長旅です。エアコンが弱くて暑くて死にそうでした。

1)ストゥントレン市場
朝早くから開き、お昼には大半が閉まってしまう市場です。市場の一角に日本が作った道の記念碑がひっそりと建っています。
DSC03650.jpg DSC03664.jpg

2)中央広場
市場から南へ続く、鹿などの像が建っている大きい広場。まったりするには最適。でもかなり暑かったです。
DSC03651.jpg

3)カンボジア・ベトナム友好の塔
官庁街に入るあたりに建っている塔。ベトナムの国旗のみ描かれており、カンボジアの旗はなし。
DSC03656.jpg

4)PTTC
小学校教員養成校。あるベトナム人の支援で建てられているそう。理数科JOCVがSET deliで訪れた際の写真も掲載されていました。
DSC03659.jpg

5)ランドマークの魚の像
地図にも掲載されている有名?な魚の像。魚の顔がかわいい。
DSC03667.jpg

6)タラバリバット(プラサートプレアスレイ・プレアコー)
ストゥントレンの船着き場からフェリー(往復3000リエル)に乗って約20分くらいの中州にある遺跡。タラバリバットでフェリーを降りたら右方向に進み、次の十字路を左に進むとあります。祠堂はひとつのみですが、遺跡好きな人にはお勧めです。間もなく崩壊するかも。
DSC03674.jpg DSC03679.jpg
DSC03687.jpg DSC03691.jpg

7)メコン・ブルー
女性支援の機織り技術を指導する施設。敷地内は広く、蚕の養殖から染色、織物まで全て行い、製品の質はとても高く、日本でもクメール伝統織物として紹介されたようです。高品質のため、お値段は高め。
DSC03740.jpg DSC03744.jpg

8)現代寺院
プレ・アンコール時代の祠堂が残る寺院。プラサートプレアスレイと同じ7世紀頃建立。リンガが残っています。残念なことに表面を金色に染めてしまっています。
DSC03752.jpg DSC03753.jpg

9)ストゥントレン大橋
全長約3kmのラオスへと続く橋。メコン川にかかる夜のネオンも綺麗な橋です。
DSC03673.jpg DSC03755.jpg

レストランが少ない印象を受けたストゥントレンですが、市場近くのサンタピアップゲストハウス&レストランの2軒隣の小さい食堂のおじちゃんとおばちゃんはとても親切です。料理も美味しい。お勧め。
また、市場近くにあるラタナ・サンバットゲストハウスは1泊12ドルでホットシャワー、エアコン付。他のゲストハウスは水シャワーが多い印象を受けたので、お勧めです。

posted by キョウ at 22:50| Comment(0) | ストゥントレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界HOTアングル

7月31日〜8月2日にコンポンチュナンで行ったSAS巡回ワークショップについての内容がJICAの「世界HOTアングル」のwebに掲載されました。
http://www2.jica.go.jp/hotangle/

このワークショップは隊員有志で行ったもので、第2回は12月頃に予定しています。
カンボジアの青少年のために役立つ内容にしていければと思っています。

posted by キョウ at 00:29| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

KOICAとJICA

2012年10月5日(金)
KOICAとJICAで晩ご飯を食べました。KOICAのチャンレーがデング熱からの回復パーティーです。
参加者はKOICAのチャンレー、ミナと、JICAのくっぱ、えのぽん、石谷さん、私で、チャンレーのお気に入りのお店へ行きました。
今日は人数が多かったので、6人でタワービールを2本飲みました。会話はいろいろな言語が飛び出し、とっても楽しい1日でした。
DSC03624.jpg

バンテアイミエンチェイのボランティアたちはとても仲がよく、日本と韓国のいい関係が築けていると思います。残りの任期も楽しく過ごせるといいなと思います。
11月にくっぱ、12月にチャンレーが帰国するので、できるだけみんなといい思い出を作りたいです。

posted by キョウ at 23:54| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

卓球対決U

2012年10月4日(木)
それぞれの活動のあと、くっぱ・えのぽん・石谷さん・私の4人でバンテアイミエンチェイのジムに集合して卓球をしてきました。
私を除く3人は卓球が超上手くて、ついていけませんでした…。
くっぱなんてマイラケットだし。さすが元卓球部!
DSC03585.jpg DSC03598.jpg
DSC03601.jpg DSC03603.jpg

卓球のあとはオイルマッサージに行って癒されてきました。最近ストレス爆発気味なので、少しリラックスできました。
今まで生きてきて、かなり上位にランクインするストレス具合の今日この頃。

posted by キョウ at 01:10| Comment(2) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

新学期

2012年10月1日(月)より、大学の新学期が始まりました。
雨の多い今年のバンテアイミエンチェイ、大学の敷地が冠水していました。
DSC03578.jpg DSC03583.jpg

汚い水の中をじゃぶじゃぶ歩かなけれなならず、足に変な湿疹が…。
大学の裏に川があり、今後も更に冠水する見込み。
おまけに、湿地帯によく出没するらしい変な虫が無数に教室の壁や天井に…。

カンボジアだからね、と言われても、あまりにもな学習環境の現場です。
虫と泥と湿疹と格闘する今日この頃。

posted by キョウ at 22:49| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

任地サイクリング

2012年9月30日(日)
今年は雨がとても多いバンテアイミエンチェイです。ちょっとの晴れ間にサイクリングに行ってみました。

国道5号線に立っているラクシュミー神の像。バンテアイミエンチェイ隊員は「女学生像」と呼んでいます。バスでプノンペンから帰ってくるとき、この像が見えると「着いた〜〜!」と8時間の疲労がどっと出ます。
DSC03545.jpg

同じく5号線沿いにあるサマー・ティポル寺院。寺院内部の壁画が美しいと評判な現代寺院です。
DSC03549.jpg DSC03550.jpg

バンテアイミエンチェイの鉄道駅。線路はゴミだらけ…。
DSC03559.jpg DSC03561.jpg

渡るのが恐ろしい木の橋。水が溢れて道は冠水。
DSC03565.jpg DSC03568.jpg

街のシンボルでもあるプノン・スヴァイ(スヴァイ山)。山頂に内戦時代に使われていた監視塔があります。田んぼが水びだし。
DSC03572.jpg DSC03573.jpg

あと5か月ちょっと、この街で過ごします。
少しずつ、この街が好きになってきました。くっぱとえのぽんがいるこの街が。

posted by キョウ at 01:49| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

零さん現る

2012年9月26日(水)〜28日(金)
プノンペンから零さんが遊びに来てくれました。初バンテアイミエンチェイ!
我が家で晩ご飯&みんなでお泊り。
DSC03399.jpg DSC03398.jpg

プチ観光へも行ってきました。
1)プノン・バット(バット山)
DSC03509.jpg DSC03524.jpg

2)スオン・スナエ(愛の公園)
DSC03531.jpg DSC03525.jpg

3)ポイペト(カンボジア―タイ国境)
DSC03537.jpg DSC03539.jpg
DSC03543.jpg DSC03540.jpg

久々のポイペトではおなじみの日本食ビュッフェレストランで食べまくってきました。
バンテアイミエンチェイのKOICAのPC隊員チャンレー先生と晩ご飯を食べたかったのですが、
なんとデング熱に…。残念。
ということで、零さんはもう一度、はるばるプノンペンからやってきてくれることになりました☆

posted by キョウ at 00:52| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッタンバンの旅

2012年9月24日(火)〜25日(水)
プノンペンから任地へ帰る途中にあるバッタンバンの町に寄ってきました。
今回は、まだ行ってみたくて行っていない所へ。

1)バッタンバン博物館
DSC03251.jpg DSC03253.jpg

2)ガバナーズハウス
DSC03256.jpg DSC03258.jpg

3)ドムレイソー寺
DSC03264.jpg DSC03265.jpg

4)バッタンバン鉄道駅
DSC03279.jpg DSC03274.jpg

5)ファー・ポンルー・サラパ(PPS)(フランスのNGOで、サーカス・絵画・楽器などを教えている)
DSC03290.jpg DSC03292.jpg
DSC03302.jpg DSC03305.jpg

6)コンピン・プイ(ポル・ポト時代に造られたダム)
DSC03314.jpg DSC03315.jpg
DSC03320.jpg DSC03321.jpg

7)プラサット・スナン(砂岩造りの遺跡)
DSC03330.jpg DSC03329.jpg

8)ラ・アン・ネアン・レム洞窟(秘密めいた所…妖しさ満天のミステリーゾーン)
DSC03362.jpg DSC03340.jpg

9)プノン・サンポー(ポル・ポト時代のキリング・ケーブがある所)
DSC03371.jpg DSC03372.jpg
DSC03387.jpg DSC03380.jpg

バッタンバンは見所がたくさんありますね〜。
バッタンバンの夜は大雨で、浅水さん宅まで行けず、会えず仕舞い。残念…。
posted by キョウ at 00:43| Comment(0) | バッタンバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

日本人会盆踊り

2012年9月23日(日)
プノンペンで日本人会主催の盆踊り大会が行われ、去年行けなかったので行ってみました。
会場はダイヤモンドアイランドという所です。
日本の盆踊りの他に、カンボジアのダンスなどもあり、大盛況でした。
DSC03233.jpg DSC03232.jpg

毎年JICAボランティアたちも出店したり、お手伝いをしたりしています。
お疲れ様でした☆
DSC03234.jpg DSC03231.jpg
posted by キョウ at 23:55| Comment(0) | プノンペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

帰国報告会A&送別会

2012年9月21日(金)
2日目の帰国報告会がJICA事務所で行われました。今日は同じ任地のくっぱのプレゼンもありました。
あと半年後、自分もプレゼンか…。
DSC03048.jpg DSC03077.jpg

夜は22-2、23-短期の浅水さんの送別会が行われました。
みんなそれぞれに思い出があって、ウルっと来てしまいました。くっぱの帰国、寂しいなぁ…。
でも、あと2か月一緒に活動できるのは嬉しい。11月の帰国の時、すごく寂しいんだろうなぁ。
DSC03134.jpg DSC03153.jpg
farewellparty04.jpg IMG_2632.jpg
posted by キョウ at 22:56| Comment(0) | プノンペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

帰国報告会@

2012年9月20日(木)
22年度2次隊の帰国報告会がJICAカンボジア事務所で行われました。次の次は自分の番。時の流れは本当に早いです。
22-2はシニアボランティア・隊員の人数が多いので、2日に分けて帰国報告会が行われます。
今日の隊員の発表は3名。
DSC03028.jpg DSC03034.jpg
DSC03036.jpg

それぞれいい活動を終えたんだなぁと感じる発表でした。帰国報告を聞く度に羨ましいと思うことは、みんなカウンターパートを中心として職場の人々の共に活動していることです。
私はカウンターパートがいません。すべて丸投げのため、独りで計画して実践しての繰り返し。誰からも何も言われないので、改善点も反省点も見えにくい状況です。
仕方がないことだけれど、残念でなりません。

posted by キョウ at 23:40| Comment(0) | プノンペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同期会

2012年9月19日(水)
明日からの帰国報告会に出席のため、プノンペンに来ています。
夜、同期が集まってお食事会。7月29日が誕生日だったみわっちと私のサプライズ誕生会をしてくれました。
みんな、ありがとう☆
同期といってもカンボジア各地に散らばっているため、なかなか会うことはできません。
久しぶりにみんなに会えて楽しかったです。
DSC03019.jpg DSC03023.jpg

来年の誕生日は日本。どこで、誰と誕生日を過ごしているのかなぁ…。

posted by キョウ at 00:13| Comment(0) | プノンペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

シェムリアップの旅

シェムリアップはアンコールワット以外にも見所がたくさんある街です。
今まで行ったことがない所に行ってみました。

1)ワニ園(入場料3ドル)
政府運営の飼育・養殖がされている所です。ワニ肉やワニ革も購入可能。ワニ園の中は年齢別に分かれていますが、大きさの違いはあんまりわかりませんでした。
広い檻の中にはものすごく大きいワニもいて、ビックリ。人間を丸のみできそう。
水が汚くて匂いが気になりますが…。
園内にはショップもあり、ワニ革製品(高い)や剥製も購入できます。
DSC02757.jpg DSC02753.jpg

2)スピアン・トップ
シェムリアップとオッドーミエンチェイの境目あたりにある、アンコール時代に作られた橋です。橋は2つあり、小さいほうの橋の残っている長さは30mくらい。大きいほうは50mくらいで、残りは埋もれていました。
大きい橋のほうが崩壊が激しいです。
アンコールワットからこの橋を通ってタイのピマーイ遺跡まで続く道(ジャヤバルマン街道)だったそうで、アンコール王朝の繁栄ぶりと歴史を感じられる所です。
DSC02869.jpg DSC02885.jpg
posted by キョウ at 00:04| Comment(0) | シェムリアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

プリアヴィヘアの旅

プリアヴィヘアへ行ってきました。この州には世界遺産のプリアビヘア寺院がありますが、ボランティアは立入禁止なので、州都へ。

1)クルヴェイン寺院
現代寺院。見所は、本殿横にある崩壊したアンコール寺院。
DSC02680.jpg DSC02684.jpg

2)ワット・プーンプレアコー
巨大な岩の上に祠が祀られています。また、同じ敷地には更に巨大な岩石の下に聖牛が祀られています。
DSC02709.jpg DSC02703.jpg

3)滝
乾季には沢に近い滝、雨季には膨大な水量になる滝です。村から滝までは徒歩で。結構大変な道です。道しなには枝豆が栽培されています。
DSC02717.jpg DSC02724.jpg

4)機織り工房
カンボジアのこの州にあるACリーダー銀行の方が作った工房。地雷被害者やポリオ感染者、孤児たちの職業訓練のために作られたそうです。製品はかなり高品質で、アメリカへも輸出しているそうです。平日の朝一番に訪問すると、購入も可能とのことです。
DSC02727.jpg DSC02734.jpg

5)コンポンプラナク市場
漢方薬にするためという猿の剥製が並んでいる市場です。
DSC02741.jpg DSC02742.jpg

田舎田舎と言われているプリアヴィヘアの州都ですが、とても楽しい1日でした。

posted by キョウ at 01:26| Comment(0) | プリアヴィヘア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

世界の笑顔のために

JICAのプログラムで「世界の笑顔のために」というものがあります。
http://www.jica.go.jp/partner/smile/index.html

隊員は任期中に2〜3回申請でき、世界の途上国へ様々な物資が送られます。
物資はすべて日本国民の善意により成り立っており、東京まで送る送料も負担していただいています。
感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

今回、ミエンチェイ大学には…
ひな人形、こいのぼり、兜、羽子板、下駄、草履、クリスマスツリー、かるた、書籍
を寄贈いただきました。
配属先や任地のカンボジアの人々が日本に興味と関心を持ってくれることを願っています。
今後も活用されていきますように。
DSC02673.jpg DSC02675.jpg
posted by キョウ at 23:11| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

ひきこもりの日々

8月の終わりの、シアヌークビルから任地に戻ったあたりから体調がすぐれません。
熱・眼痛・全身に発疹…何より無気力になってしまいました。
症状としてはデング熱。でも、そこまでは熱が出ません。病院に行こうかと思いましたが、立ち上がる力も出ず、家にずっとひきこもり。
原因は自分で何となくわかってはいます。病気じゃないってことも。

今までも海外でしんどいことはたくさんありましたが、初めて「日本に帰りたい」と思いました。
私はカンボジアに何をしに来たんだろう。要らなかったよな、自分。
「必要とされること」これが私の支えだったのに。

でも、隊員はみんな世界のどこかで闘ってるはず。
ボツワナ派遣の親友けんちゃんもマンパワーでがんばってるからね。

けんちゃんが送ってくれたボツワナの風景
P1010009.jpg P2180051.jpg
posted by キョウ at 00:56| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

はなちゃんの帰国

先日、韓国からのボランティア(KOICAではない)、はなちゃんが任期を終えて帰国しました。
帰国後は同じボランティア団体でソウルで働くそうです。
プノンペンへ移動する前日、忙しいだろうに、ご飯を作って招待してくれました。
DSC02638.jpg DSC02639.jpg

はなちゃんはとてもマメな人で、クリスマスカードをくれたり、誕生日に電話をくれたり、プレゼントもくれたりと、何か心温まることを自然にしてくれた人でした。

韓国と日本は今もめにもめていますが、バンテアイミエンチェイにいる韓国人のボランティアたちはいい人ばかりです。
はなちゃん、またどこかで会いましょう☆

posted by キョウ at 01:12| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。