2012年10月10日

ストゥントレンの旅

2012年10月9日(火)
カンボジアのストゥントレン州に遊びに行ってきました。プノンペンからはGSTのバス(40000リエル)で約12時間の長旅です。エアコンが弱くて暑くて死にそうでした。

1)ストゥントレン市場
朝早くから開き、お昼には大半が閉まってしまう市場です。市場の一角に日本が作った道の記念碑がひっそりと建っています。
DSC03650.jpg DSC03664.jpg

2)中央広場
市場から南へ続く、鹿などの像が建っている大きい広場。まったりするには最適。でもかなり暑かったです。
DSC03651.jpg

3)カンボジア・ベトナム友好の塔
官庁街に入るあたりに建っている塔。ベトナムの国旗のみ描かれており、カンボジアの旗はなし。
DSC03656.jpg

4)PTTC
小学校教員養成校。あるベトナム人の支援で建てられているそう。理数科JOCVがSET deliで訪れた際の写真も掲載されていました。
DSC03659.jpg

5)ランドマークの魚の像
地図にも掲載されている有名?な魚の像。魚の顔がかわいい。
DSC03667.jpg

6)タラバリバット(プラサートプレアスレイ・プレアコー)
ストゥントレンの船着き場からフェリー(往復3000リエル)に乗って約20分くらいの中州にある遺跡。タラバリバットでフェリーを降りたら右方向に進み、次の十字路を左に進むとあります。祠堂はひとつのみですが、遺跡好きな人にはお勧めです。間もなく崩壊するかも。
DSC03674.jpg DSC03679.jpg
DSC03687.jpg DSC03691.jpg

7)メコン・ブルー
女性支援の機織り技術を指導する施設。敷地内は広く、蚕の養殖から染色、織物まで全て行い、製品の質はとても高く、日本でもクメール伝統織物として紹介されたようです。高品質のため、お値段は高め。
DSC03740.jpg DSC03744.jpg

8)現代寺院
プレ・アンコール時代の祠堂が残る寺院。プラサートプレアスレイと同じ7世紀頃建立。リンガが残っています。残念なことに表面を金色に染めてしまっています。
DSC03752.jpg DSC03753.jpg

9)ストゥントレン大橋
全長約3kmのラオスへと続く橋。メコン川にかかる夜のネオンも綺麗な橋です。
DSC03673.jpg DSC03755.jpg

レストランが少ない印象を受けたストゥントレンですが、市場近くのサンタピアップゲストハウス&レストランの2軒隣の小さい食堂のおじちゃんとおばちゃんはとても親切です。料理も美味しい。お勧め。
また、市場近くにあるラタナ・サンバットゲストハウスは1泊12ドルでホットシャワー、エアコン付。他のゲストハウスは水シャワーが多い印象を受けたので、お勧めです。

posted by キョウ at 22:50| Comment(0) | ストゥントレン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。