2012年05月23日

カンボジア大移動L

2012年5月19日(土)
スヴァイリエン観光へ。

1)スヴァイリエン大学
JOCVの濱ちゃんが配属されている大学です。私と同じ州立大学でありながら、とてもちゃんとしている印象を受けました。コンピューターラボも2部屋あり、何という違いか…。国道沿いに建っているのですが、道がアスファルトで、それだけでも羨ましい。我が大学は赤土です。これだけの差でもカンボジアでは大きいのです。(特に雨季)靴に泥がついて、教室が汚くなるんですよね…。
DSC00096.jpg DSC00097.jpg

2)バベット
カンボジアとベトナムの国境の街です。この街にはカジノがあり、ベトナム人が勝負をかけていました。タイタンキング・カジノには日本食レストランがあり、お寿司セットが5ドルで食べられます。もちろんいただいてきました。
DSC00105.jpg DSC00111.jpg
DSC00112.jpg DSC00114.jpg

3)プレイバサック
扶南時代の遺跡群です。残っているのは1つの祠堂だけですが、他の祠堂や参道は土に埋もれてしまっています。これから調査が入るといった感じの遺跡です。祠堂が内側に崩壊すると山のようになってしまい、そこに植物が生えるので、小山のように見えます。こういった謎めいた遺跡が大好きです。
DSC00133.jpg DSC00134.jpg
DSC00137.jpg DSC00139.jpg

4)キリングフィールド
コチュム寺の中にあります。クメールルージュによる処刑の壁画もあり、遺骨が祀られていました。スヴァイリエンでは一家全滅の部落がいくつもあるそうで、生き残った人により被害状況がわかってきたそうです。本多勝一著「検証カンボジア大虐殺」に詳細があるので、詳しく知りたい方は読んでみてください。
DSC00162.jpg DSC00168.jpg

スヴァイリエンでぜひやってみたかったこと…それは水牛(クロバイ)に乗ることでした。スヴァイリエン隊員の亮さんに聞いてやってきた一軒の農家。水牛は本来臆病で人が乗るのは難しいそうですが、そこの年を取った水牛は人馴れしており、乗れるそうです。
初めて近くでみた水牛は結構かわいくて、毛もフサフサでした。重くてごめんなさい…。
DSC00171.jpg DSC00175.jpgDSC00186.jpg DSC00195.jpg
posted by キョウ at 01:11| Comment(0) | スヴァイリエン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンボジア大移動K

2012年5月18日(金)
ケップからスヴァイリエンへ。スヴァイリエンには3人のJOCVが赴任しています。
スヴァイリエン隊員の濱ちゃんに迎えにきてもらい、見所?のプレイチュラック寺へ。本殿に仏陀のお話がペイントされているとのことで行ってみたのですが、閉まっていました。残念。
DSC00085.jpg DSC00087.jpg

同じくスヴァイリエン隊員の千春ちゃんの大家さんがパーティーをしているというので、お邪魔することに。この大家さんの親戚を含めた全員がかなりお酒が強く、ガンガンビールを飲みます。私はお酒が飲めないのでやんわり断ると「それはカンボジアでは良くない行為だ」と言われてしまいました…。
DSC00088.jpg

スヴァイリエンにある謎の像たち
DSC00070.jpg DSC00091.jpgDSC00080.jpg DSC00083.jpg
posted by キョウ at 00:55| Comment(0) | スヴァイリエン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。