2012年05月16日

カンボジア大移動C

2012年5月10日(木)
午前、コッコン市内を散歩しました。市場ではタイからの可愛い服や靴がたくさん売っていました。でも、お値段はちょっとお高めです。

午後はタッタイ滝へ。(入域料1ドル)コッコンの街からは15kmくらいの所にあります。滝の上流では泳げるようになっており、滝は二段になっていて、高さは6mだそうです。ボートで来ることもできます。岩が多く少しヌルヌルしますが、水は綺麗で観光客も多かったです。
DSC09694.jpg DSC09701.jpg

フォーリバーズ・フローティング・ビレッジに宿泊。ここは世界で初めて作られた水上ロッジだそうです。オーナーはカナダ人。宿泊費はちょっと高いですが、カヌーや釣りもでき、お勧めです。夜は蛍も見れます。蛍の数は多く、蛍の光がクリスマスツリーの電飾のように見える木もありました。蛍を見るには、自力でカヤックを漕いで行きますが、スタッフの人が同行してくれました。
国道から行く場合はタッタイ・リゾートの入口から入り、1kmほど進むとホテルのフロントに着きます。
DSC09737.jpg DSC09738.jpg
posted by キョウ at 00:52| Comment(0) | コッコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンボジア大移動B

2012年5月9日(水)
コッコン市内観光へ。

1)マングローブの森(入域料5000リエル…のはずが、徴収されず)
ピアムクロッサ国立公園にあります。リゾート地の開発途中といった感じで、ロッジが建設中でした。マングローブの森は広大で、ボートクルーズもできます。鬱蒼としたマングローブの森の散策路は空気が綺麗で癒されます。吊り橋や展望台もあり、そこからはマングローブの森が見渡せます。
DSC09536.jpg DSC09559.jpg

2)チャム族の村
マングローブの森へ行く途中にあります。モスクがいくつかありました。道行く人の服装が信仰を感じさせます。
DSC09571.jpg DSC09572.jpg

3)カンボジアータイ国境と経済特区
約2kmのコッコン橋を渡り、10km進むと右側に経済特区があり、大きなヒュンダイの工場が見えます。更に進むとカンボジア(チャムイエン)とタイ(クロンヤイ)の国境ゲートが見えてきます。国境手前にはカジノホテルがあり、別世界です。
DSC09690.jpg DSC09676.jpg
DSC09590.jpg DSC09586.jpg

4)サファリワールド(入場料12ドル)
午前は鳥、ワニ、トラのショーがあり、午後はオランウータン、ワニ、トラのショーがありました。ワニのショーでは有名なワニの口に調教師が頭を入れるのを見てきました。クメール語で「怖い〜」と言っていたのが面白かったです。サファリワールドの右にはカジノホテルビーチがあり、人も少なくお勧めです。
DSC09608.jpg DSC09598.jpg
DSC09628.jpg DSC09630.jpg
DSC09653.jpg DSC09668.jpg

5)クンチャーン・クンペーン・ストゥーパ
コッコン橋からも見える高さ4mのストゥーパです。アユタヤ朝叙事詩の舞台となっているそうです。ピムという女の人がクンチャーンという男の人かクンペーンという男の人を選ぶように裁判にかけられ、ピムは身体を引き裂かれる刑となり、鎮魂の意味で建立されたそうです。
DSC09687.jpg DSC09680.jpg

6)コーヨービーチ
コッコン橋から約7kmの所にある白浜のビーチです。地元の人でもあまり知っている人がいませんでした。橋から進んで国境方面に向かう途中のロータリーで左に曲がると到着します。

晩ご飯はエビ、イカ、タコをたくさん食べました。安くて美味しいです!1皿2万リエルで量が多い!


posted by キョウ at 00:41| Comment(0) | コッコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。