2011年12月31日

タケオの旅C

タケオ最終日、ホームステイの家族ともお別れしてプノンペンへ。プノンペンまでの道には見所盛りだくさんです。出発前に、タケオの博物館にも寄ってみました。

1)タケオ博物館
DSC04535.jpg DSC04539.jpg

2)プノン・チソール
DSC04568.jpg DSC04571.jpg

3)タマウ野生動物保護公園
DSC04590.jpg DSC04604.jpg

4)プノン・タマウ寺院
DSC04612.jpg DSC04611.jpg

5)プノン・トモド寺院
DSC04617.jpg DSC04619.jpg

6)ワット・タプローム
DSC04647.jpg DSC04634.jpg

7)ワット・ジェイポー
DSC04669.jpg DSC04675.jpg

タケオは空気も空も星も遺跡もきれいで、食べ物も美味しくて、とてもいい街でした。先輩隊員たちもみんな親切です。タケオ最高〜!

posted by キョウ at 00:42| Comment(0) | タケオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タケオの旅B

ベトナムとカンボジアの国境近くにあるプノン・バイヨンコー寺院へ。タケオの街からは約45km。
山頂に扶南時代の遺跡があります。プノン・バイヨン寺院とプレア・コー寺院他、山には全部で5つの遺跡があり、併せて遺跡群としているようです。
山頂まではかなり大変な道をひらすら歩くため、ヘタレな私はバイヨン寺院のみで力尽きました…。(普通は1時間くらいで山頂まで到着するようですが、私は90分くらい?)

1)プノン・バイヨン寺院(と疲れて動けなくなっている私)
DSC04493.jpg DSC04472.jpg

2)プレア・コー寺院
DSC04529.jpg DSC04530.jpg

夜は、念願のオニテナガエビを食べに。このエビはJICAのシニアボランティアの方が養殖に尽力されたそうです。これが激ウマ。カンボジアに来られる方はぜひご賞味ください。11月〜1月くらいが旬だそうです。
DSC04532.jpg
posted by キョウ at 00:17| Comment(0) | タケオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

タケオの旅A

アンコールボレイ地域へ遺跡巡りに行ってきました。
タケオからアンコールボレイまではスピードボートで行きます。ボートは35ドルとちょっとお高めですが、カンボジアの広い空と綺麗な空気をいっぱいに受けてかなり快適。

1)アンコールボレイ博物館
DSC04394.jpg DSC04400.jpg

2)ワット・コムヌー
DSC04417.jpg DSC04418.jpg

3)プノン・ダー寺院
DSC04427.jpg DSC04442.jpg

4)アスラムモハエイセイ寺院
DSC04454.jpg DSC04458.jpg

特に、プノン・ダーの山頂から見える景色はオススメです。雨季で冠水した水田が、乾季に入って順々に水が引いて、水がある所とない所が半々になった不思議な景色。日本にはない景色。
何か、感動して、涙ぐんでしまいました。
任地ではイイコト・ヤナコトの比率が実は2:8くらいです。自分の努力ではどうにもならない域に突入してしまっている今日この頃。
だから、私にはこういう風穴がどうしても必要で。また前を向くために。
DSC04433.jpg

posted by キョウ at 00:10| Comment(2) | タケオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

タケオの旅@

タケオを旅してきました。「ホームステイの家族に会う」「JOCVの配属先を見学する」「観光しまくる」という三大目的です。

タケオ初日、先輩隊員石谷さんと長谷川さんの配属先であるRTTCとPTTCへ。
素敵なカウンターパートの先生がいました。…やっぱり、カウンターパートがいるのって重要ですね。授業は熱伝導についてなどなど。
DSC04325.jpg DSC04328.jpg

そして午後、ホームステイの家族の家に向かいました。子供嫌いの私が唯一好きな子供であるリーニィーにお菓子をたくさん買って…。
コロコロしているリーニィーが激ヤセしていたらどうしようかと思ったのですが、いらん心配でした。
一応、行くことを手紙で知らせておいたのですが、手紙はまだ届いていないとのこと…(手紙よ〜どこへ?)。
到着するとお母さんが抱きしめて出迎えてくれました。ちょっとウルルン再会の気分です。
DSC04345.jpg DSC04384.jpg
DSC04354.jpg DSC04346.jpg
posted by キョウ at 23:26| Comment(0) | タケオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

そういえば…の思い出話C

CJCCクメール語研修の終わりにタケオで4泊5日のホームステイがあった。場所はANGTASOMマーケットの近く。でもタケオのどの辺なのか全く不明。
私はなぜかシソタ先生と同じ家にホームステイすることに。どうやら、先生の親戚の家らしい。
家族との会話は当たり前だが私を除いてネイティブ同士なので早いクメール語。まったくついていけなかったが、家族はみんな優しくて、またいつか会いに行きたいと思う。

家族は一番上のお兄さんがプノンペンに住んでて、5人兄弟らしい。なので、家にいたのはお父さん、お母さん、次男、三男、長女、次女。お父さんの仕事はミニタリーポリスで、お金持ち。
私は子供が苦手なのだが、三男のリーニィーとよく遊んだ。8歳児だが、子持ちパパのような貫禄がある。
DSC00687.jpg DSC00676.jpg

機織り村や自衛隊駐屯地などにも行ってみたり…リーニィーがいつも一緒。
DSC00504.jpg DSC00513.jpg

研修はクメール語でのプレゼンがあったりと結構忙しかったが、時間を作って遊びにも行ってきた。
リーニィーがトゥクトゥクの前に乗りたいと言い出し長女マーラディーが「危ないからダメ」と言ったら思いっきり機嫌が悪くなりみんなでご機嫌取り。
やや強引にタケオ隊員石谷さんを呼び出し、今となっては場所も不明な湖?へ。
DSC00536.jpg DSC00548.jpg
DSC00549.jpg DSC00561.jpg

あれからクメール語が上達しているのか自分のことながら全くわからないが、とりあえずリーニィーが今どうなっているのかが気になる。リーニィー、覚えていてくれてるかなぁ…。
DSC00545.jpg
posted by キョウ at 02:49| Comment(0) | タケオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。