2011年09月22日

クラチェの旅A

2日目はクラチェ名物の川イルカを見に行ってきました。
カムピ村という所だそうです。漁師(と言っていいものか?)が大勢いました。
雨季なので見れないかな?と思いましたが、待つこと数分「くぅ〜」というイルカの声が聞こえます。
イルカが2頭、ジャンプしたのが見れて感激。写真に撮れると良かったなぁ。
ラオスでは遠すぎて全く肉眼で見れませんでしたが、ここでは近距離で見られました!
DSC02189.jpg DSC02196.jpg
DSC02204.jpg DSC02208.jpg

帰りにプノンソンボックという寺院に行きました。70mの高さを階段で上ります。
山頂からはメコン川がよく見えました。
DSC02237.jpg DSC02240.jpg

みわっち、みずとお昼ご飯を食べ、徒歩でロカ・カンダール寺院へ。
200年以上前の寺院で、2004年にドイツのGTZという団体が修復したそうです。
地図では中心部から1.5kmだったので歩けると思ったら倍近くありました。
汗ダラダラで到着したものの、入口には鍵がかかっています。残念。
今日は休みじゃないはずなのだが…。
DSC02246.jpg DSC02250.jpg

今日のメコン川の夕日は息をのむほど綺麗でした。
川がある風景ってやっぱりいいですね。癒されます。
DSC02260.jpg DSC02263.jpg

晩ご飯はみずとみわっちにバンチャエウというお好み焼きのような食べ物の店に連れて行ってもらいました。これがまた美味しい!バンテアイミエンチェイのどこかにあるんだろうか…。
DSC02264.jpg DSC02265.jpg

みず、みわっち、いろいろありがとう!

posted by キョウ at 02:04| Comment(0) | クラチェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラチェの旅@

同期2人がいるクラチェへ行ってきました。

まずは、みずの配属先のリファラル病院。日本の援助で作られた救命病棟もあります。
みずの白衣姿を初めて見ました。デキル女、って感じです。
見学させてもらってる間も血液検査の依頼が入り、忙しそう。
まあちゃんの病院でも思いましたが、病院の仕事を現地語で行うっていうのは、本当に大変なことだと改めて思いました。母国語じゃない分、余計に神経使うんだろうなぁ…。
DSC02167.jpg DSC02168.jpg
DSC02172.jpg DSC02170.jpg

次に、みわっちの配属先の教育局へ。アポなしで行ってみました。
こちらも大変そうな仕事です。計画課の中は職員が大勢いて、みんな忙しそうです。
(うちの大学とはえらい違いだ…)
課長さんともクメール語で会話しているみわっちは凄いです。
そして、カウンターパートがいつもいるっているのは本当にいいなと思いました。
DSC02177.jpg DSC02176.jpg
DSC02178.jpg DSC02180.jpg

みずとみわっちの仕事が終わったのでクラチェ隊員ご用達のフルーツシェイクの店に連れていってもらい「これがあの噂の飲み物か〜」と味わいながらいただきました。
晩ご飯はバンテアイミエンチェイで見たことがない料理。これがまたすごく美味しい。
メコン川にも癒されました。
DSC02184.jpg DSC02185.jpg
posted by キョウ at 01:30| Comment(2) | クラチェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。