2013年03月08日

送別会@

2013年3月8日(金)
送別会第一弾。同任地えのぽんと共にお世話になった人々を招いてパーティーをしました。
KOICAのオッキョンさん、ミナさん、ナラムさん、ミエンチェイ大学の卒業生のキムハンさん、カンニャーさん、そして任地での困難な家探しを手伝ってくれたおじさん。

バンテアイミエンチェイに来て、まず困ったのが、住む家が見つからなかったことでした。
外国人が少ないため、外国人に家を貸すということに抵抗がある感じでした。普通、任地へ行ってから1カ月程度で家が決まりますが、私は2か月半、えのぽんはそれ以上に探す時間がかかりました。
そんな時に現れてた救世主が、日本に留学している子供がいるおじさんでした。
このおじさんがいなかったら、家が見つからなかったんじゃないかと思います。本当に感謝しています。
それで、今日のお別れに、涙が出てしまいました。
バンテアイミエンチェイにまた来ることがあったら、また会いたい人の一人です。

来てくれたみんな、ありがとう。
DSC07438.jpg DSC07444.jpg
posted by キョウ at 22:17| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の授業

2013年3月7日(木)
帰国まであと2週間。明日は「国際女性の日」で休日となるため、今日が最後の授業となりました。
配属先は2月26日から後期授業が開始されましたが、前期・後期の授業が開始となっても学生はたいてい休み続けます。単位とか平気なのか疑問です。
先週もほとんどの学生が日本語の授業に来ず、最終日も寂しい終わり方となりました。

2年間を振り返ると、私はこの大学でいい先生だったとは言えません。余裕がなさ過ぎました。
何もかも一人で行うカウンターパートのいないマンパワーの活動。広がらない、繋がらない活動。
配属先のニーズ(就職に役立つ日本語力を身に着けさせる)と、学習者のニーズ(学費も安いし、なんとなく)の違いに、どう教えていったらいいのか、わからなくなりました。
配属先の「すべて任せる」は「丸投げ」と紙一重だなと感じた2年間。

文化紹介を多く取り入れるやり方も一つの手段です。でもそれは日本語教師でなくてもできること。
だから私にしかできない「日本語を教える」ことを中心とした活動を行いました。
でも、それが学生にとって良かったことなのか、よくわかりません。

日本語コースに単位があったら、真面目に勉強したのか?
日本語が学科だったら、真面目に勉強したのか?
私の教え方が上手かったら、真面目に勉強したのか?
クメール人の先生がいたら、真面目に勉強したのか?

どうして、授業に来ないんだろう。
どうして、宿題をしないんだろう。
どうして、覚えないんだろう。
どうして、日本語を勉強したいんだろう。

JICAのボランティアを一人送るのに、多額のお金がかかります。
できれば、たくさんの学生に学んでほしかったし、将来の自分のために本気で取り組んでほしかった。
カウンターパートに、私の持ってる技術や知識をすべて伝えて、ステップアップしてほしかった。
そんなことを考えながらの大学からの帰り道、ちょっと涙が出ました。

日本語コースの最後の授業に来た学生たち
初級U
DSC07434.jpg

初級T
DSC07436.jpg DSC07430.jpg

posted by キョウ at 01:29| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。