2012年10月30日

科学クラブ見学

間もなく帰国する理数科隊員の浅水さんの活動の一環である「科学クラブ」の見学にバッタンバンへ行ってきました。今日の内容は、午前のクラスがロケットを飛ばす授業、午後のクラスが電気分解の授業でした。

ロケットを飛ばす授業
DSC04339.jpg DSC04349.jpg

電気分解の授業
DSC04360.jpg DSC04367.jpg

何といっても印象的だったのは、学ぶ学生たちの顔が真剣で、心から楽しんでいるように感じられたことです。積極的に浅水さんに質問する学生たち。流暢なクメール語で答える浅水さん。楽しさ溢れる理想的な授業でした。

私の配属先の学生たちにはこういった「新しい体験」とか「学ぶ楽しみ」といったものがありません。赴任後、授業時間以外の時間でクラブを作ろうとしましたが「日本の何を知りたいか」と言った質問と共に日本文化を紹介したことがありました。が…返答は「忙しいから…」「別に…」「何でもいい…」といったもので心が折れたことがあります。日本語コースはやっぱりオマケ的なついでの存在なのだなぁ…と。
とはいえ、学生にそう言わせてしまった理由が私にもあるのかもしれません。嫌々やらせるのは自己満足だよなぁ…と葛藤もしました。
帰国までに、少しでも浅水さんが築いた学生たちとの信頼関係に私も近づきたいものです。

空き時間に、バッタンバン博物館へも行ってきました。(入館料1ドル)
バンテアイミエンチェイのバンテアイチュマール遺跡に関する展示もあります。
DSC04328.jpg DSC04329.jpgDSC04330.jpg DSC04331.jpg
posted by キョウ at 22:41| Comment(0) | バッタンバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

任地の美容院

くっぱと任地の美容院へ行ってきました。その名も「NEAK Beauty Salon]です。この美容院のオーナーのNEAKさんは、コンテストで優勝したほどの腕前の美容師さんです。プノンペンにある日本人御用達美容院「デグラン」にも研修に行ったことがあるそうです。

今日は季節の変わり目のお肌を労わるため、フェイシャルマッサージをしてきました。お値段は6ドル。サービスで、髪も洗ってもらいました〜。

田舎に現れたオシャレな美容院とオーナーのNEAKさん
DSC04326.jpg DSC04325.jpg
posted by キョウ at 23:58| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

学長との晩ご飯

配属先のミエンチェイ大学の学長、サムガー先生が私とKOICAのミナ先生を招待してくれました。普段とても忙しいサムガー先生は大学で顔を会わせることも滅多にないため、貴重な時間となりました。

ボランティアは、こうやって配属先の人とコミュニケーションをとっていくんだなぁ…と帰国5か月前にして実感。大学の先生たちは既婚者が多く、男性が多いため、なかなか一緒に遊びに行ったり、夜晩ご飯を食べたりすることが難しいのが現状。日本語コースは昼休みに授業をしなければならないので、先生たちと昼ご飯を食べることもできません。更に副業があるので、授業が終わると帰ってしまうのです。

大学にはボランティアがたくさんいるのですが、なぜか2人だけ招待してくれたので、学長の真意がよくわからないのですが、気にかけてもらえたことに感謝です。
DSC04321.jpg DSC04322.jpg
posted by キョウ at 22:48| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

JAPANフェスティバル

配属先で日本文化紹介のイベントを企画しました。
とはいえ、私一人ではどうにもならないので、同任地のくっぱ・えのぽんにも協力を依頼。
更に、シェムリアップからシニアボランティアの楠さんにも合気道の紹介をしていただくことに。

世界の笑顔プログラムで、日本から様々な物資をいただいたので、それを一気に紹介するべく、今準備をしています。お近くのみなさん、ぜひお越しください。

JAPAN FESTIVAL2012 in Banteay Meanchey
日時:2012年11月10日(土)13:00-17:00/2012年11月11日(日)08:00-12:00
場所:ミエンチェイ大学

JAPAN FES(JP).pdf JAPAN FES(KH).pdf

posted by キョウ at 23:59| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

ラジオ収録シーズンV☆1日目

2012年10月25日(木)
ラジオ日本語講座「日本語好プレイ」シーズンVの収録を行ってきました。今回は2か月間だけの放送です。
シーズンTが4か月、Uが3か月、Vが2カ月。1年に渡る放送です。
任地の日本語へ興味が深まっていることを願いつつ、シーズンVの放送を開始。目に見える効果は期待できないけど、「こんにちは」を「アニュハセヨ」くらい浸透させたいものです。

今回からクメール語キャスターがキムハンさんからソハックさんに代わりました。初めての録音だろうに、とても上手でこちらが驚き。
録音は、くっぱが手伝ってくれました。ありがとう☆
DSC04317.jpg

ラジオ日本語講座「日本語好プレイ」シーズンV(11月〜12月)
11月3日(土)〜ON AIR !!
周波数:FM96.5MHz
受信可能エリア:バンテアイミエンチェイ、オッドーミエンチェイ、シェムリアップ、バッタンバン、パイリン、ポーサット、コンポントム
ハイアンテナ受信可能エリア:コンポンチュナン、コッコン、コンポンスプー、プノンペン
放送日:毎週土曜日・日曜日/午前11:00〜11:30(土日のどちらかは再放送)

posted by キョウ at 18:44| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

少しの幸せ

月曜日から授業が再開しています。が、…。
@新学期用の教材コピーが終わってない&オリジナルテキスト不明(日本語コースだけ)
A今後の予定(入学式など)が知らされない(日本語コースだけ)
B要請書その他お願いしていたことが全く終わっていない
更に、@〜Bを確認しようにも、学部長が長期出張の現在、誰もわからない…。メールの返事も来ない。

まぁ、日本語コースが無視されているのはいつものことなんで諦めてはいるのですが、今日、良いことがありました。
副学部長が「何か困ったことがあったら言ってね」と言ってくれたのです。

指導科目が違うので、専門的な話は配属先で誰ともできませんが、気にかけてもらえたことにじんときました。初めてのことです。
(最近土気色の顔のワタクシらしいので、「コイツやばいかも」と思われたのかも…。)

赴任以来、私にはカウンターパートがいません。任期終了まで来る予定もありません。
同じ専門知識や目標・目的を持った先生がいない現場は初めてのことで。
指導法を相談したり、一緒に協力して学生のためになることをしたり、お互いを高めあったりするのが協力隊員だと思っていました。
でも、そんな現場ばかりじゃないんだなって。

隊員の中には、カウンターパートがよく休むとか、やる気がないとかいう不満がある人がたくさんいると思います。でも、どんな人でも専門分野について話ができる人が配属先にいるなら、それは幸せなことです。私にはいないから。分かり合うチャンスさえもない。

さて、そんな現実に立ち向かい、明日もがんばるか。
P1000322.jpg
posted by キョウ at 23:44| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

シアヌーク前国王死去

2012年10月15日(月)
カンボジアの前国王シアヌーク殿下が亡くなりました。町中の国旗は半旗になり、プチュンバン(カンボジアのお盆)の最中でしたが町はひっそりとしていました。
波乱に満ちた人生…ご冥福をお祈りします。

配属先でも写真を飾ってありました。でも、先生たちはいつも通り。
バンテアイミエンチェイの町は普段通りで、追悼の行進や特別な行事は見られませんでした。
ニュースで見るプノンペンの様子とは大幅に違っているのはなぜだろう…。
DSC04312.jpg
posted by キョウ at 23:58| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

みず&さやちゃん現る

2012年10月14日(日)
同期のみずとさやちゃんがバンテアイミエンチェイにやって来ました。
バンテアイミエンチェイを訪れるJOCVがみんな気に入ってくれるお店で、みんなで晩ご飯。
時間が合わなくて、一緒にどこにも行けなくて残念。また来てね〜。
P1000787.jpg
posted by キョウ at 02:30| Comment(2) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラオス⇒タイの旅C

ムクダハーンからタート・パノムへバスで移動(42バーツ)。ワット・プラ・タート・パノムを見るだけのためにやって来ました。

★ワット・プラ・タート・パノム
高さ52mの仏塔で、内部に仏陀の遺骨が納められています。表面の装飾には110kgの純金が使用されているそうで、美しい仏塔です。9世紀から10世紀にかけて建てられたそうですが、1975年に雨で崩壊し、1979年に再建されています。
この仏塔はラオスのサワンナケートにあるタートインハンの仏塔と組になっているそうで、お互いのお祭りの際には参拝客がラオスからタイ、タイからラオスへと大勢の人が訪れるそうです。タート・インハンは高さ9mなので、タート・パノムのほうがかなり高いです。
DSC04264.jpg DSC04274.jpg


タート・パノムからはバスでコラートを経由して、アランヤプラテートの国境へ。タート・パノムからコラートの街までは480バーツ。コラートからアランヤプラテートまでは220バーツ。

★アランヤプラテートのフレンドシップマーケット
DSC04291.jpg DSC04293.jpg

タイ(アランヤプラテート)―カンボジア(ポイペト)の国境を越えて我が家へ。次は、タイ⇒ラオスの旅に行けるといいなぁと思います。まだ見ぬ地、ウドーン・ターニーへ!

posted by キョウ at 02:23| Comment(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラオス⇒タイの旅B

ラオスのサワンナケートから対岸のタイのムクダハーンへ。ここは以前ボートで国境越えができましたが、今は第2友好橋が作られ、外国人はバスターミナルからバスでしか行けません(14000キープ)。

★ラオス(サワンナケート)-タイ(ムクダハーン)ラオス側国境ゲート
DSC04208.jpg DSC04207.jpg

★ムクダハーン・タワー(50バーツ)
1996年に国王の即位60周年を記念して建てられた高さ65.5mの展望タワーで、360度展望スペースになっています。ラオスのサワンナケートの街が一望できます。また、1階と2階は博物館になっていて、周辺に住む8民族に関する展示があります。
DSC04217.jpg DSC04246.jpg

★ワット・シーモンコン・ターイ
ムクダハーンの街の伝説上の創始者タオ・キンナリーを祀っている寺院です。
DSC04250.jpg DSC04252.jpg
posted by キョウ at 01:55| Comment(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。