2012年05月30日

ラジオ収録シーズンU★1日目

2012年5月30日(水)
ラジオ日本語講座「日本語好プレイ」シーズンU、第1回と第2回の収録を行いました。
今日の収録はえのぽん、キムハンさんとです。いつもありがとう!
シーズンUでは、シーズンTの内容を踏まえた上での会話中心の内容にしようと思っています。が、2か月ぶりの収録で、カミカミになってしまいました…。ブランクって怖いですね…。
そして、今日は廣瀬調整員の奥様である桂子さんが見学に来てくださいました!桂子さんはくっぱとシェムリアップへ向かう途中に寄ってくださったのです。感激。オレンジの差し入れまでいただきました〜。

DSC00281.jpg DSC00282.jpg

そうそう、このラジオ放送、放送曜日と時間が変わります。

ラジオ日本語講座「日本語好プレイ」シーズンU(6月〜8月)
6月1日(土)〜ON AIR !!
周波数:FM96.5MHz
受信可能エリア:バンテアイミエンチェイ、オッドーミエンチェイ、シェムリアップ、バッタンバン、パイリン、ポーサット、コンポントム
ハイアンテナ受信可能エリア:コンポンチュナン、コッコン、コンポンスプー、プノンペン
放送日:毎週土曜日・日曜日/午前11:00〜11:30(土日のどちらかは再放送)

ゲストスピーカー、大募集です!
posted by キョウ at 22:14| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

カンボジアの選挙

カンボジアでは6月3日(日)に村・コミューン評議会議員選挙が予定されており、今は選挙運動の真っ最中です。でもバンテアイミエンチェイは田舎なので、選挙運動もそんなに活発ではありません。
州によってはトラックに10数人乗り、お揃いのポロシャツを着て大音量で宣伝をしている州もあるそうです。

各党の建物の前では宣伝アナウンスが流されていますが、歌の場合もあり、「☆〇△〜バンテアイミエンチェイ〜♪」がしつこいくらい拡声器から流れてきます。

はっきり言うと外国人の私にとっては選挙権もないし無関係なのですが、願うことはただひとつ。
「正当な労働条件、労働評価」
副業をしなくてもいい、本業に尽力できる環境を期待します。そして汚職がなくなり、カンボジアのために身を粉にして働く政治家が多数誕生して、援助されることを当たり前としない国になってほしいものです。

写真:カンボジア人民党、サム・ランシー党、ノロドム・ラナリット党
DSC00252.jpg DSC00253.jpg
DSC00254.jpg DSC00255.jpg
posted by キョウ at 20:45| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

割れ窓理論

私の配属先の大学は土日も授業があり、日本語の教室が使われます。いつも月曜日は教室が汚くなっているのですが、今日は眩暈がするほどな状態に。
1)ペットボトル13本散乱
2)椅子が全部ない、机も2つない
3)カレンダー紛失
4)掲示写真が全部はがされている
5)床にインスタントラーメン、飴、ガムの袋散乱、ひまわりなどのたね散乱
6)ホワイトボードに油性ペンで書いてある
7)床、泥だらけ
8)本棚めちゃめちゃ

「割れ窓理論」を知っていますか?
アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが考案した「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」との考え方です。

割れ窓理論は次の記述する理論である。治安が悪化するまでには次のような経過をたどる。
1.建物の窓が壊れているのを放置すると、それが「誰も当該地域に対し関心を払っていない」というサインとなり、犯罪を起こしやすい環境を作り出す。
2.ゴミのポイ捨てなどの軽犯罪が起きるようになる。
3.住民のモラルが低下して、地域の振興、安全確保に協力しなくなる。それがさらに環境を悪化させる。
4.凶悪犯罪を含めた犯罪が多発するようになる。

したがって、治安を回復させるには、
1.一見無害であったり、軽微な秩序違反行為でも取り締まる(ごみはきちんと分類して捨てるなど)。
2.警察職員による徒歩パトロールや交通違反の取り締まりを強化する。
3.地域社会は警察職員に協力し、秩序の維持に努力する。
などを行えばよい。(以上、Wikipediaより)

何が言いたいかといいますと、綺麗な教室は綺麗に使うし、汚い教室はもっと汚くなる。床にゴミが落ちていたら「まあいいか」と思い自分も捨ててしまう。でも、綺麗な床ならゴミ箱に捨てるようになる。
だから、掃除と綺麗な学習環境は必要!…というのは日本人的思考なのでしょうか?
何より、環境の悪さからか、教室にヘビが出没!!!!ありえん。

気を取りなおし。
夜は国連のアラカワさんが識字教育のためにバンテアイミエンチェイにいらっしゃいました。カンボジア全土の識字率を調査し、データに基づいたプランニングをされているそうです。お忙しい時間を割いてくださり、一緒に晩ご飯を食べました。ご馳走になってしまい、申し訳ない…。
DSC00251.jpg
posted by キョウ at 23:40| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

くっぱ誕生会

2012年5月22日(火)
先輩隊員、愛すべきくっぱの26歳の誕生日会をえのぽんの家ですることに。KOICAや韓国のNGOのみんなも来て、8人でお食事会。
えのぽんが大量の素麺と生姜焼きを作ってくれ、韓国人のみんなはチジミや韓国シチュー?のような料理を作ってくれました。

くっぱの誕生日は5月9日なのですが、みんなバンテアイミエンチェイにいなかったのでお祝いが延び延びに。ケーキに名前と日付を入れてもらったのですが、私としたことが大失態!お店の人にちゃんと伝えたつもりが、今日の日付が書かれていました…。ああ、ごめんなさい…。
くっぱ、遅くなったけど、26歳おめでとう☆
DSC00229.jpg DSC00232.jpgDSC00233.jpg DSC00234.jpg
posted by キョウ at 01:36| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンボジアの歌手

2012年5月21日(月)
バンテアイミエンチェイにカンボジアで人気急上昇中の歌手Aok Sokun Kanhaがやって来ました。コンサート会場は街の中心にある公園内の仮設ステージ。
この公園ではよく各メーカーが促進販売のキャンペーンをしており、イベントの一環?としてコンサートも行われたようでした。
初めてAok Sokun Kanhaを見て歌を聴きましたが、歌も上手でかわいい人でした。イマイチ盛り上がりには欠けましたが、カンボジアの音楽を身近に感じた日でした。
DSC00220.jpg DSC00221.jpg

この公園にはミニ遊園地があり、簡易観覧車もあります。これがまた高速で恐ろしい…。回っている時、変な音もするし…。外国人サービスなのか、かなり多めに回してくれました。喜ぶべきですよね…。
DSC00224.jpg DSC00228.jpg
posted by キョウ at 01:29| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンボジア大移動L

2012年5月19日(土)
スヴァイリエン観光へ。

1)スヴァイリエン大学
JOCVの濱ちゃんが配属されている大学です。私と同じ州立大学でありながら、とてもちゃんとしている印象を受けました。コンピューターラボも2部屋あり、何という違いか…。国道沿いに建っているのですが、道がアスファルトで、それだけでも羨ましい。我が大学は赤土です。これだけの差でもカンボジアでは大きいのです。(特に雨季)靴に泥がついて、教室が汚くなるんですよね…。
DSC00096.jpg DSC00097.jpg

2)バベット
カンボジアとベトナムの国境の街です。この街にはカジノがあり、ベトナム人が勝負をかけていました。タイタンキング・カジノには日本食レストランがあり、お寿司セットが5ドルで食べられます。もちろんいただいてきました。
DSC00105.jpg DSC00111.jpg
DSC00112.jpg DSC00114.jpg

3)プレイバサック
扶南時代の遺跡群です。残っているのは1つの祠堂だけですが、他の祠堂や参道は土に埋もれてしまっています。これから調査が入るといった感じの遺跡です。祠堂が内側に崩壊すると山のようになってしまい、そこに植物が生えるので、小山のように見えます。こういった謎めいた遺跡が大好きです。
DSC00133.jpg DSC00134.jpg
DSC00137.jpg DSC00139.jpg

4)キリングフィールド
コチュム寺の中にあります。クメールルージュによる処刑の壁画もあり、遺骨が祀られていました。スヴァイリエンでは一家全滅の部落がいくつもあるそうで、生き残った人により被害状況がわかってきたそうです。本多勝一著「検証カンボジア大虐殺」に詳細があるので、詳しく知りたい方は読んでみてください。
DSC00162.jpg DSC00168.jpg

スヴァイリエンでぜひやってみたかったこと…それは水牛(クロバイ)に乗ることでした。スヴァイリエン隊員の亮さんに聞いてやってきた一軒の農家。水牛は本来臆病で人が乗るのは難しいそうですが、そこの年を取った水牛は人馴れしており、乗れるそうです。
初めて近くでみた水牛は結構かわいくて、毛もフサフサでした。重くてごめんなさい…。
DSC00171.jpg DSC00175.jpgDSC00186.jpg DSC00195.jpg
posted by キョウ at 01:11| Comment(0) | スヴァイリエン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンボジア大移動K

2012年5月18日(金)
ケップからスヴァイリエンへ。スヴァイリエンには3人のJOCVが赴任しています。
スヴァイリエン隊員の濱ちゃんに迎えにきてもらい、見所?のプレイチュラック寺へ。本殿に仏陀のお話がペイントされているとのことで行ってみたのですが、閉まっていました。残念。
DSC00085.jpg DSC00087.jpg

同じくスヴァイリエン隊員の千春ちゃんの大家さんがパーティーをしているというので、お邪魔することに。この大家さんの親戚を含めた全員がかなりお酒が強く、ガンガンビールを飲みます。私はお酒が飲めないのでやんわり断ると「それはカンボジアでは良くない行為だ」と言われてしまいました…。
DSC00088.jpg

スヴァイリエンにある謎の像たち
DSC00070.jpg DSC00091.jpgDSC00080.jpg DSC00083.jpg
posted by キョウ at 00:55| Comment(0) | スヴァイリエン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンボジア大移動J

2012年5月17日(木)
ずっと行ってみたかったコッ・トンサイ(うさぎ島)へ行ってきました。ボート代&バンガロー宿泊代で20ドルです。日帰りツアーも出ていて、うさぎ島&へび島のツアーは19ドル、うさぎ島だけは9ドルでした。
島にはバンガローが約30軒あり、海岸に建っているので海を見ながらまったりできます。
夜は11時に消灯となるので、懐中電灯を持って行ったほうがいいかもしれません。
DSC00035.jpg DSC00069.jpg

とにかく水が綺麗で、シュノーケルには最高です。波に乗って魚の群れがジャンプするのも見れました。島を1周するのは約2時間かかります。島の人が通る道を歩くのですが、鬱蒼としていてジャングルトレッキングのような感じです。
DSC00036.jpg DSC00058.jpg

この島へ行く船着場の前のコンビニでボート、バンガロー、バスの手配ができ、ソリヤのバスも止まるので、とても便利です。うさぎ島まではボートで20分くらいなので船酔いの心配もなく、かなりお勧めです。
何より、星が綺麗に見えます。南十字星もくっきり見れました!
DSC09904.jpg DSC00023.jpg
posted by キョウ at 00:48| Comment(0) | ケップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

カンボジア大移動I

2012年5月16日(水)
ケップ市内観光。

1)プノンソーシア
ケップの中心部から6kmくらいの所にある寺院&鍾乳洞です。白象に似た鍾乳石があり、鍾乳洞の名前もその名前をとってありました。山の上からの景色は最高です。
DSC09927.jpg DSC09945.jpg

2)カニ市場
捕れたてのカニが売買される市場です。その場で買って食べることもできます。1kg30000リエル。他に茹で代として1kgにつき2000リエルがかかりました。1kgでカニは14匹くらいです。カニの甲羅も柔らかくて、すごく美味しいです。お試しあれ。でも乾季のほうが数も多くお勧めです。1月に訪れた時よりも数は少なくなっていました。
DSC09948.jpg DSC09950.jpg

3)ケップ国立公園(入域料1ドル)
約8kmの山の周りをトレッキングしてきました。早めに歩いて2時間かかりました。勾配は少なく歩きやすいです。山の上からは田んぼと海とケップの街が一望でき、これぞカンボジア!という景色が堪能できます。トレッキングコースにはクイズなども準備されており、楽しめます。
DSC09965.jpg DSC09968.jpg

4)コンポントラッチ(入域料1ドル)
ケップの街から20kmくらいの所にある聖域です。洞窟を抜けるといろいろな形を模した鍾乳石を見ることができます。洞窟内は暗いので懐中電灯が必要ですが、子どもたちが貸してくれます。心付けを渡せばOK。
DSC00018.jpg DSC00012.jpg

5)ケップの街並み
ケップと言えばカニの像と女神像です。ケップビーチは人が少なく、雨季を感じさせました。
DSC09914.jpg DSC09920.jpg
posted by キョウ at 23:59| Comment(0) | ケップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンボジア大移動H

2012年5月15日(火)
シアヌークビルからカンポットを経てケップへ。

久しぶりのカンポットです。
カンポットからケップまではトゥクトゥクで9ドル。カンポットはいつ来ても素敵な街だなと思います。塩田は連日の雨で今回も見れませんでした。残念。
DSC09893.jpg DSC09896.jpg
posted by キョウ at 23:58| Comment(0) | ケップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。