2012年01月31日

コンポントムの旅B

コンポントム隊員みお姉がコンポントム観光に連れて行ってくれました。

1)クハクノコー遺跡
コンポントムの隣町、コンポントノーの近くにあります。11世紀建立のアンコール寺院です。
DSC06214.jpg DSC06223.jpg

2)石像の村カカオ
砂岩を加工した彫像を制作している村。バンテアイミエンチェイ州にも同じような村がありますが、作っているものが若干違います。
DSC06269.jpg DSC06271.jpg

3)サントゥックシルク工房
プノンサントゥックの近くにあります。機織り工房やカイコの見学ができます。購入もできますが、数は少なめ。光沢のあるシルク製品です。
DSC06277.jpg DSC06282.jpg

4)プノンサントゥック
809段の階段を上った所に寺院があります。自然の岩に涅槃像などが彫刻されています。
DSC06321.jpg DSC06317.jpg

コンポントムはシャムリアップまで約2時間、プノンペンまで約3時間ととても便利な街。見所もたくさんあります。
コンポントム隊員のみほちゃん、みお姉に感謝!

posted by キョウ at 00:18| Comment(0) | コンポントム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

コンポントムの旅A

サンボープレイクックへ行ってきました。この遺跡は、7世紀にイシャナバルマン1世によって建てられたヒンドゥー教寺院で、130以上の遺跡群となっています。メインの所を何箇所か周ってきました。

1)プラサート・サンボー
DSC06071.jpg DSC06076.jpg

2)プラサート・タオ
DSC06083.jpg DSC06087.jpg

3)プラサート・イエイポアン
DSC06127.jpg DSC06130.jpg

4)プラサート・トロピアンロピア
DSC06094.jpg DSC06096.jpg

5)プラサート・チョンコットソンパウ
DSC06109.jpg DSC06104.jpg

6)プラサート・サンダン
DSC06164.jpg

7)プラサート・ダウムチュルー
DSC06177.jpg

そして、ずっと行きたかったアツ村とアツ小学校・中学校へ。
国際連合ボランティア(UNV)の中田厚仁さんの名前を冠した所です。 1993年に国際連合カンボジア暫定統治機構(UNTAC)が実施した1993年カンボジア総選挙の選挙監視員として活動中に、ここコンポントムのプラサットサンボ郡フィル・クレル村で殺害されました。
…そんな現実が、カンボジアではわずか20年前のことなんですよね。
DSC06194.jpg DSC06048.jpg
DSC06052.jpg DSC06055.jpg

晩ご飯は、みほちゃんが駆けつけてくれました〜。そして美味しい揚げ物をおごってもらいました。ありがとう!
DSC06204.jpg
posted by キョウ at 10:19| Comment(0) | コンポントム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

コンポントムの旅@

コンポントムの小学校教員養成校(PTTC)で、日本語のワークショップが行われるとのことで、見学へ行ってきました。PTTCには現在、理数科教師のみほちゃん、小学校教諭のみお姉が配属されています。

プノンペンを朝7:30に出発して、約3時間でコンポントムに到着。(1回も休憩なし)
バスはコンポントムの市場の前で停車。みお姉に迎えに来てもらい、お昼ご飯をごちそうになりました。
DSC05980.jpg DSC05983.jpg

午後、PTTCへ。「日本語での挨拶」のワークショップでした。教材もカラーで作ってあって、すごい!自分の職種以外に力を入れるのってなかなか難しいと思うのですが、配布プリントなどもあり、そのがんばりに刺激を受けました。
私は日本語教師が本職なので、教材が手に入りやすい立場から既存の教材に頼っております…。工夫したいとは思いつつ、なかなか時間が…。
何より学生たちが真面目かつ一生懸命で、嬉しくなりました。興味を持ってもらうのと、持たせるのって全然違いますよね。
DSC05997.jpg DSC05999.jpg

日本語って、母国語だから簡単に教えられると思いますか?実際に教えてみると、難しいんですよ。既習語彙と文法だけで授業を導入・展開するのが基本(だと思っている)なので。クメール語に対訳することだけが日本語教育ではないわけです。対訳は助けにはなるけれど、応用の際に弊害があるように思います。日本語は語彙数が多いので、クメール語に限らす世界の言語では対訳が「同じ」語彙になることもあります。でも「同じ」じゃないので、その点を世界で日本語を教えているボランティアに理解してもらえることが願いです。例文を作っていくと、同じじゃないことに気付いてもらえると思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ワークショップ終了後はコンポントムの街を散歩。博物館とコンポントム寺院に行ってきました。

1)コンポントム博物館(無料)
DSC06005.jpg DSC06007.jpg

2)コンポントム寺院(無料)
DSC06020.jpg DSC06022.jpg

晩ご飯の時間になり、コンポントムの名物?の巨大バンチャエウを食べに。これが美味しい〜!
素敵なコンポントムの第1夜でした。
DSC06037.jpg DSC06038.jpg
posted by キョウ at 00:36| Comment(0) | コンポントム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

FISH&CHIPSの会

プノンペンで第3回FISH&CHIPSの会の会合を開催。この1カ月余りの間に会員は4人になり、更に2人(謙作さん、てつおさん)増えるかも。
お店は第2回会合で行った専門店です。でも、お店が改装され、メニューも少なくなり、残念な感じになっていました…。
FISH&CHIPSをこよなく愛する方、ご入会を!

【只今の会員】
会員No.1 零さん
会員No.2 キョウ
会員No.3 久保ちゃん
会員No.4 陽平さん

本日の参加者(左から)
キョウ、謙作さん、てつおさん、零さん(会長)
DSC05976.jpg
posted by キョウ at 00:38| Comment(0) | プノンペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンポット&ケップの旅C

藤丸さんとケップ観光へ。
中国正月中のためか、ケップはものすごい人・人・人!有名なカニ市場も、ものすごい人でした。

カニ市場の様子
DSC05963.jpg DSC05965.jpg
DSC05972.jpg DSC05974.jpg

ケップの海
DSC05954.jpg DSC05957.jpg

ケップの海も人が多く賑わっていました。海が近いって、なんて素晴らしいのだろう…。
今回は時間がなかったので、次回、うさぎ島に行って泳ぎたいと思います。
カンポットもケップも、フランスの香りが漂う素敵な街でした。

posted by キョウ at 00:10| Comment(0) | ケップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

カンポット&ケップの旅B

カンポット隊員陽平さん配属先の小学校教員養成校(PTTC)と、久保ちゃん配属先のカンポット州教育局の見学へ行ってきました。

まずは久保ちゃんの活動先である小学校に授業見学に向かったのですが、お休みだったので教育局を案内してもらいました。3月に久保ちゃんが企画した運動会がカンポットで行われるので、ぜひ見に行きたいなと思います。
DSC05812.jpg DSC05811.jpg

陽平さんの活動先であるPTTCもお休みでしたが、附属の小学校では授業が行われていて、KOICAの先生とお話しました。PTTCはVSOという支援団体が入っているので、理科教材がいろいろあります。VSOとJICAとのワークショップの準備で忙しそうでしたが、いろいろ気を使ってくれた陽平さん、感謝!
DSC05826.jpg DSC05825.jpg

午後からはボーコー国立公園、タックチュー動物園、タックチュー渓流へ。タックチュー渓流からはシアヌークビル赴任の藤丸さんも合流。

1)ボーコー国立公園
フランス植民地時代の避暑地です。カジノ、病院、ホテル、教会などが廃墟となっていましたが、近々再開発がされるようです。以前は入域料が5ドルかかりましたが、現在は無料。この国立公園は山の上にあるので、下界との気温差がかなりありました。
DSC05876.jpg DSC05862.jpg

2)タックチュー動物園
ラジオ日本語講座「日本語好プレイ」の名前をいただいた絶滅危惧種「コープレイ」がいる動物園です。角にがんばって触ってきました。カンボジアの動物園は日本のよりかなり動物に近いです。ちなみに、象に鼻で足を思いっきり叩かれて青痣になりました…。
DSC05931.jpg DSC05923.jpg

3)タックチュー渓流
ダムができてから水量が減ったそうですが、一応泳げるスポットです。水はあまり綺麗じゃないので、免疫がない人は泳がないほうがいいかも…。ぼ〜っと水の流れを見るにはかなりいい所です。
DSC05938.jpg DSC05940.jpg

晩ご飯は4人でスリランカ料理を食べに行って、カンポット特産のドリアンでパーティー!
DSC05952.jpg DSC05951.jpg
posted by キョウ at 00:32| Comment(0) | カンポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カンポット&ケップの旅A

コンポントラッチとプノン・チュヌク寺院へ行ってきました。
カンポットからはケップを越えてコンポントラッチという街へ。クメール語ではコンポントレイという発音に近いです。

まず向かったのがプノン・チュヌク寺院。洞窟寺院で、内部に7世紀扶南時代に建てられた祠堂があります。プノン・チュヌクの山頂からは田園ではなく、カンボジアでは有名な畑が一面に広がっています。
DSC05754.jpg DSC05743.jpg

コンポントラッチも洞窟寺院です。内部にはいろいろな動物の形をした石灰岩があります。地元の人にとって聖なる信仰の場になっているそうです。内部の仏像はポル・ポト時代に破壊されてしまったそうです。
DSC05766.jpg DSC05767.jpg

ケップの海へ夕日を見に移動。ケップは蟹が有名で、カニ像があります。カニを像にするのって、凄いですね…。
DSC05791.jpg DSC05805.jpg
posted by キョウ at 00:17| Comment(0) | ケップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

カンポット&ケップの旅@

配属先が中国正月で休暇になったので、カンポットへ行ってきました。
プノンペンからカンポットまでは直通のバスがあり、3時間ちょっとで到着します。
カンポットの街は西洋の風が溢れていて、とても素敵な街でした。英語表記が多く、欧米人の方もたくさんいて、フランス植民地時代の建物もたくさんあります。

カンポットの街並み
DSC05719.jpg DSC05724.jpg
DSC05729.jpg DSC05728.jpg

カンポットの特産はドリアン、塩、胡椒だそうです。
塩田が見たかったのですが、2・3日前に雨が降って、全部流れてしまったそうです。

晩ご飯は生エビのお刺身が食べられるお店に連れて行ってもらいました。
カンポット、本当に最高!

posted by キョウ at 01:33| Comment(3) | カンポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

北海道・東北賢人会

北海道・東北出身者の集い「北海道・東北賢人会」に初参加してきました。新年会です。
在カンボジア日本国大使館の公使と同じ席だったりして緊張しましたが、とっても優しい公使でした〜。
こういう会に参加すると、人脈が増えていいですね。僻地で活動する私としては、どうしても首都の方の力を必要とする時が多いので。
カンボジアに来て10カ月目に入り、今までもいろいろな方に協力、寄贈などをして頂きました。
本当にありがたいなと思います。
DSC05716.jpg DSC05717.jpg
posted by キョウ at 01:45| Comment(0) | プノンペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

韓国とカンボジアの交流

Korean Students For International Serviceという学生の団体がミエンチェイ大学へやってきました。この団体は1年に2回、韓国各地の大学生がカンボジアへ来て、文化交流を行うものです。

カンボジアのダンスや韓国のテコンドーなど、お互いの国の文化を紹介しました。
日本にもこういう団体があるのかはわかりませんが、文化交流の機会があればいいのになぁと思います。バンテアイミエンチェイ州に来る日本人は本当に少ないので。
DSC05668.jpg DSC05702.jpg
posted by キョウ at 23:49| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。