2011年10月31日

ポイペトの旅

10月30日はいつもお世話になっているKOICAのオッキョン先生の誕生日。
日本料理店で誕生日パーティーをしよう!とポイペトの日本料理店「AIKO」へ行ってきました。
13ドルで食べ放題です。なぜか今日集まったKOICAボランティアのみんなは日本料理通で、寿司も刺身も天ぷらもガンガン食べていました。

タイとの国境の街なので、どこもかしこもカジノだらけです。バーツが強く、ドルで買い物をしてもお釣りは全部バーツで返ってきます。ここはまだカンボジアのはずだが…?

カンボジア側の国境はこんな感じです。
DSC08209.jpg DSC08214.jpg

1)KOICAのボランティアたち              2)カンボジアとタイの間で
DSC08213.jpg DSC08216.jpg

こちらはタイ側の国境。
DSC08217.jpg DSC08218.jpg

シソポンとポイペトの間に、観光名所でもあるMASJIDIL MAKRUFモスクがあります。(何て読むんだ?)
ここは男女の入り口の区別がなく、女性は内部に入れず、外側の通路でお祈りするそうです。
DSC08226.jpg DSC08230.jpg
posted by キョウ at 00:48| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

カティン祭

カンボジアで「ボン・カティン」と呼ばれるお祭りがあります。僧侶に法衣や生活用品を寄進する儀式だそうです。

配属先である学長に招待状を頂いたので、他の外国人教師と行ってきました。
といっても、檀家が開いたパーティーに参加しただけなので、読経や音楽隊の行進などは全く見れず、準備されたお粥だけを食べて帰ってきました。
DSC08173.jpg DSC08185.jpg
DSC08179.jpg DSC08199.jpg

1)学長&チャンレー先生(KOICA)と         2)大学の先生たちと
DSC08184.jpg DSC08204.jpg

場所が州都から30分ほどの田舎のお寺だったので、外国人数名の登場に注目の的でした。
この街はモンコールボレイといい、日本の援助で建てられた病院もあります。
DSC08206.jpg
posted by キョウ at 22:58| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

教育の現場

配属先の大学にはみんなが使用できるコピー機がありますが、よく故障するので実際使用したいときに使えません。教育の場で教材をコピーできないのは相当痛いです。
ま、こんなことはよくあることです。

悲しいのは、そんな時の相手の対応です。こちらがお願いしても自分に関係ないことには冷たいです。その気持ちもわからなくもありません。
授業で使う教材ですから、仕方なくトップにお願いするしかありません。
トップは外国人教師に対しては協力的なので、下の人に「どうにかしろ!」命令します。
言われたその下の人はあからさまに嫌な顔をします。

結局、用紙を入れるトレーが故障していることがわかり、今日は別の部屋のコピー機を使わせてもらったのですが、コピーをし始めたら「なんでこの部屋のコピーを使わせるんだ!」という怒りの声が聞こえました。
この部屋のコピーを使ってもいいよ、と言ってくれた女の先生に怒っている模様です。
ああ、ごめんなさい。私がコピーしたいと言ったばっかりに…。

コピー費用を業務費で申請することが正しい解決策とは思っていません。
学習者からは、教材費を徴収していますから。

…そんなこんなで、コピーの部屋に行ってから自分の机に戻るまで、1時間半かかりました。心底疲れました…。
でも、今日一番へこんだのは、副学長が私を「韓国語の教師」と思っていたことです。
日本語教育の認知度の低さを改めて感じた1日でした。

posted by キョウ at 01:37| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

能の世界

シェムリアップで喜多流「能」カンボジア公演が行われたので、配属先が同じKOICAのボランティア先生たちと、バッタンバンから駆け付けたKOICAボランティアの先生とで行ってきました。現地ではJICAボランティアのやえさん、さやちゃん、岡田さんにも会えました。
DSC08138.jpg 02.jpg

ミエンチェイ大学のオッキョン先生とチャンレー先生
DSC08139.jpg DSC08141.jpg

初めて見る能の世界はうまく言葉にできませんが、繊細な動きに息を呑みました。
バイヨン寺院をバックに繰り広げられた能は、日本とカンボジアの融合を感じました。
本日の演目は、能「羽衣」 狂言「柿山伏」 能「土蜘蛛」でした。

残念だったのが、カンボジアの学生たちが終始おしゃべりをしていたことです。
確かに、日本人でも難しい言い回しですから、内容がわからず飽きてしまったかもしれません。
でも、演じている人々に対する礼儀を持ってほしいなと思いました。

日本で一度は見てみたい、見なければ、と思っていたので、この機会に感謝です。
受け継がれている日本の文化。日本語教師として、「能」を学習者に伝えることができそうです。
やっぱり、本で読んだだけと、実際に見たのでは、違いますからね…。

posted by キョウ at 01:35| Comment(0) | シェムリアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

シェムリアップの1日

日本語コンクールに出席予定でしたが、洪水により延期になりました。
バスのチケットの払い戻しができないので、遊びに行くことに。

前から行きたいと思っていたアンコール国立博物館へ行ってきました。
ここはチケットが12ドルとお高いのですが、展示が多く、また日本語でのビデオ上映のあるのでたっぷり3時間見てきました。お勧めです。
DSC08106.jpg DSC08107.jpg

帰り道、王様の別荘を見てきました。小さめな造りで、前を通り過ぎてしまいました…。
しかしこの街、ちょっと歩くだけでも楽しいです。
地球の歩き方などに詳細な地図があるからでしょうか?
水害があっても、羨ましいの一言です。

プレスチェー・プレスチョム寺院とミス・ジェイ・テエット像
DSC08112.jpg DSC08114.jpg

ニアッキー像&シアヌークヴィラ(後方建物)とナーガを引く神の像
DSC08117.jpg DSC08119.jpg
posted by キョウ at 00:52| Comment(0) | シェムリアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

モチベーション

日本語クラスは現在6クラスありますが、学習者数はとても少なく、覚えない、宿題をしない、教科書を持ってこないの「ないないづくし」です。(一部例外アリ)
どうしたものか…。

日本語は専攻科目ではなく、いわば「趣味の言語」といった感じなので、厳しくすればするほど人数が減る予感がします。
どうしたら、学習意欲を高められるんだろう…。
今までやる気満々の学習者にしか教えたことがなかったので、この状況に困惑しています。
大学だからアカデミックな指導をしたいと思う気持ちに反して、学習者はそんなことは望んでいないのかもしれないなぁ…。
大学側の理想と現実に板挟みな状態です。

そんな落ち込みモードで教室の窓から外を見ると、冠水している教員ドミトリーが見えました。
ここに住まなくて良かった…。蚊の大発生の予感。
DSC08102.jpg

夜、くっぱがハンバーグを作ってくれました。えのぽんの手ごね「えのバーグ」です。
ミエンチェイ大学の学生、カンニャーさんも一緒の晩ご飯。
DSC08104.jpg DSC08105.jpg
posted by キョウ at 23:52| Comment(2) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

カンボジアに来て思うこと

カンボジアには各国からの支援が多く入っており、政府関係、NGOなど多岐にわたる。
私の配属先の大学も、中国・韓国・タイを中心とした支援が入っている。
JICAからもボランティアを派遣しており、現在私が赴任している。

支援の内容は様々だが、本当に必要な支援であるのか、疑問に感じている。
例えば、教材や教具。
初等教育機関に高等教育の教材は不要である。その逆もある。
せっかく寄贈された品々が、眠ったままという現実は否定できない。
理由はあるだろう。使い方がわからない、使いこなせない、そもそも存在を忘れているなど。

そういった物を、本当に必要としている所へまわせないのだろうか。
寄贈されたものを、手元におかないのは問題があることも理解している。
でも、使わないのなら…。

JICAボランティアは活動においてどうしても必要なものを購入できる。
購入は簡単だ。でも、これは自分のお金ではない。有効活用しないのは「無駄遣い」にならないのか?

カンボジアで、支援物資が真の意味で有効活用される日が来ることを期待する。
支援者の善意が、カンボジアの人々が本当に必要とする所に、確実に届きますように。

雨雨雨雨雨

大学の教室から。連日の大雨で、水が迫ってきている。
DSC08097.jpg
posted by キョウ at 23:46| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

上野さんとJOCV

担当調整員の上野さんがバンテアイミエンチェイへやって来ました。
祝!初バンテアイミエンチェイ!

今回はラジオ番組についての配属先との話し合い。
無事開始できるだろうか…。ゆった〜りしたカンボジアです。
何かひとつ仕事を進めるだけでも何週間もかかるのが私の配属先。
先行きが正直不安です。

命名「島田さんの店」で上野さんとJOCVで晩ご飯。
DSC08094.jpg
posted by キョウ at 23:38| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

島田さんとJOCV

安全管理担当の島田さんがバンテアイミエンチェイへやって来ました。
今回は、えのぽんの家のセキュリティチェック。

前回の訪問では島田さんと乾杯ができなかったので、再会を祝してみんなで乾杯。
こんなに飲んだのはいつ以来か?ってくらい飲みました。
いろんな話が聞けて、楽しかった〜。月イチでこんな機会があったら楽しいだろうな。
素面ではなかなか話せないことも多いけど、島田さんは素面でもいろいろ話せる人なので、
貴重な存在です。頼れるアニキ的な存在?
IMG_5174.jpg IMG_5176.jpg

隊員の目線でサポートしてくれる島田さんに感謝です。
家が見つからなくて、私もえのぽんも2回セキュリティチェックに来てもらいました。
ご迷惑をおかけしています…。なんせ、プノンペンから365kmですから。
2013年まで、島田さんがカンボジアにいてくれるといいなぁ〜。

プノンペンまで遠く、物資も少なく、それでいて物価も高いこの街が、実はあまり好きではない。
でも日帰りが無理なのでJICA事務所の方々は1泊され、このような機会を持てる。
唯一の特典?かも…。

posted by キョウ at 02:38| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

新学期

2011年10月10日(月)

今日から日本語コースの新学期。

10:00-11:00のクラス⇒誰も来ない…がく〜(落胆した顔)
11:00-12:00のクラス⇒誰も来ない…がく〜(落胆した顔)
12:00-13:00のクラス⇒6人…………もうやだ〜(悲しい顔)
15:00-16:00のクラス⇒誰も来ない…がく〜(落胆した顔)
16:00-17:00のクラス⇒誰も来ない…がく〜(落胆した顔)
17:00-18:00のクラス⇒誰も来ない…がく〜(落胆した顔)

どうなっているんだ??
8月にあんなにあらゆる所に掲示したのに。本屋や文房具やその他あらゆる所に…。

中国語の先生が4人赴任し、そちらは長蛇の列で申し込みをやっていた。
ヘコむ。

なぜだ?何が悪いんだ?教え方か??(←致命的)
立ち直れない…。

posted by キョウ at 01:09| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。