2011年09月25日

サイゴン上陸

昨日のバスでサイゴン(ホーチミン市)へやってきました。
通常だとプノンペンからサイゴンまで6時間、しかし連休のため大渋滞で(メコン川フェリー待ち)4時間の足止め。13時間かかって到着しました。腰が…。

デタム通りでバスを降りると、ハノイで一緒に教えていた守分先生が座っているではないですか!
すごい偶然。守分先生は、ハノイ国家大学外国語大学の同僚で、今はサイゴンで教えています。
お元気そうでなにより。時間がなかったのであまり話せず残念でした。
DSC02377.jpg

バスの到着時間が遅れたので、急いで阿蘇先生のお宅へ。
阿蘇先生は職場は違いますが、ハノイの教師会の運営を一緒に行ったりとお世話になった先生です。
阿蘇先生は日本語教師暦28年の超ベテランの先生で、専門家の経験もあり、いろいろ指導法などを相談させてもらいました。
今の私の配属先での活動が暗黒期に入ったので、そのことについて朝方まで話してしまいました。
ご飯、ご馳走様でした。
DSC02380.jpg

海外に出ている日本語教師にはいろいろな闘いが待っています。
悩みが尽きない毎日です。でも、だからこそ結びつきも強いのかもしれません。
私はベトナムでいい先生にたくさん出会えて、本当に幸せだと思いました。

posted by キョウ at 14:36| Comment(0) | ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

ありがとう21-2

平成21年度2次隊の帰国報告会と送別会が行われました。
カンボジアへ来てから2度目の出席です。これをあと5回繰り返すと自分が送られるんですね。
時が経つのは早いものです。
DSC02282.jpg DSC02285.jpg
DSC02290.jpg

カンボジアへ来た当初、慣れない生活で疲れているところを21-2の3人は緊張をほぐしてくれました。とみぃさん、だいちくん、るりちゃん、ありがとうございました。
また、いつかどこかでお会いしましょう!
DSC02300.jpg DSC02329.jpg
DSC02345.jpg
posted by キョウ at 08:56| Comment(0) | プノンペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

アサミズさん現る

先輩隊員である浅水さん(20-3)と、その同期の加藤さんがバンテアイミエンチェイにやってきました。
アサミズさんに会うのは6月の帰国報告会以来です。
クメール語がペラペラで、尊敬している先輩の一人です。そして、いつも瞳がキラキラしています。(ビー玉のような瞳)
シソポンの隠れ家的お店に鍋料理を食べに行きました。

また、近々お会いしましょう!
DSC02274.jpg
左からキョウ、くっぱ、浅水さん、えのぽん、加藤さん

posted by キョウ at 00:47| Comment(2) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

クラチェの旅A

2日目はクラチェ名物の川イルカを見に行ってきました。
カムピ村という所だそうです。漁師(と言っていいものか?)が大勢いました。
雨季なので見れないかな?と思いましたが、待つこと数分「くぅ〜」というイルカの声が聞こえます。
イルカが2頭、ジャンプしたのが見れて感激。写真に撮れると良かったなぁ。
ラオスでは遠すぎて全く肉眼で見れませんでしたが、ここでは近距離で見られました!
DSC02189.jpg DSC02196.jpg
DSC02204.jpg DSC02208.jpg

帰りにプノンソンボックという寺院に行きました。70mの高さを階段で上ります。
山頂からはメコン川がよく見えました。
DSC02237.jpg DSC02240.jpg

みわっち、みずとお昼ご飯を食べ、徒歩でロカ・カンダール寺院へ。
200年以上前の寺院で、2004年にドイツのGTZという団体が修復したそうです。
地図では中心部から1.5kmだったので歩けると思ったら倍近くありました。
汗ダラダラで到着したものの、入口には鍵がかかっています。残念。
今日は休みじゃないはずなのだが…。
DSC02246.jpg DSC02250.jpg

今日のメコン川の夕日は息をのむほど綺麗でした。
川がある風景ってやっぱりいいですね。癒されます。
DSC02260.jpg DSC02263.jpg

晩ご飯はみずとみわっちにバンチャエウというお好み焼きのような食べ物の店に連れて行ってもらいました。これがまた美味しい!バンテアイミエンチェイのどこかにあるんだろうか…。
DSC02264.jpg DSC02265.jpg

みず、みわっち、いろいろありがとう!

posted by キョウ at 02:04| Comment(0) | クラチェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラチェの旅@

同期2人がいるクラチェへ行ってきました。

まずは、みずの配属先のリファラル病院。日本の援助で作られた救命病棟もあります。
みずの白衣姿を初めて見ました。デキル女、って感じです。
見学させてもらってる間も血液検査の依頼が入り、忙しそう。
まあちゃんの病院でも思いましたが、病院の仕事を現地語で行うっていうのは、本当に大変なことだと改めて思いました。母国語じゃない分、余計に神経使うんだろうなぁ…。
DSC02167.jpg DSC02168.jpg
DSC02172.jpg DSC02170.jpg

次に、みわっちの配属先の教育局へ。アポなしで行ってみました。
こちらも大変そうな仕事です。計画課の中は職員が大勢いて、みんな忙しそうです。
(うちの大学とはえらい違いだ…)
課長さんともクメール語で会話しているみわっちは凄いです。
そして、カウンターパートがいつもいるっているのは本当にいいなと思いました。
DSC02177.jpg DSC02176.jpg
DSC02178.jpg DSC02180.jpg

みずとみわっちの仕事が終わったのでクラチェ隊員ご用達のフルーツシェイクの店に連れていってもらい「これがあの噂の飲み物か〜」と味わいながらいただきました。
晩ご飯はバンテアイミエンチェイで見たことがない料理。これがまたすごく美味しい。
メコン川にも癒されました。
DSC02184.jpg DSC02185.jpg
posted by キョウ at 01:30| Comment(2) | クラチェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

コンポンチャムの旅B

コンポンチャムの旅も最終日となりました。
今日はコンポンチャム隊員のみやこさんとまあちゃんの配属先にお邪魔しました。

まず向かったのが、みやこさんの配属先であるオッドー小学校。今日は音楽の授業です。
夏休みなので生徒は少なかったのですが、一生懸命練習していました。
みやこさんが作った楽譜のクオリティの高さにビックリ!
そして、生徒への接し方が上手だな〜と思いました。(子どもが苦手な私)
DSC02155.jpg DSC02149.jpg

みやこさんに案内してもらい、向かったのがまあちゃんの配属先であるリファラル病院。
日本の援助で建てられた病棟もあります。なかじさんの配属先も同じ病院です。
初めて見たまあちゃんの白衣姿にドキドキしました。(変な意味ではなく、念のため)
手書きの解読不能なクメール語を英語に書き直していくまあちゃん、凄いです。
DSC02161.jpg DSC02163.jpg

初めてのコンポンチャムの旅はチャム隊員のお蔭でとても充実したものになりました。
また、乾季に竹の橋を見に行きたいです。

旅立ちの直前に見た絆橋とモニュメントは日本人としての誇りのようなものを感じました。
DSC02166.jpg
posted by キョウ at 22:26| Comment(0) | コンポンチャム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンポンチャムの旅A

コンポンチャムの旅2日目。遺跡巡りです。

タック・チャーリゾート(Tuek Chha)へ。湖が美しい所です。平日だったので誰もいませんでしたが、日曜日にはみんな泳ぎにやって来るそうです。
DSC02034.jpg DSC02036.jpg

目指すは、遺跡!このリゾート地に遺跡があるのです。
名前は、Preah Thhead Tuek Chha。スーリャバルマン1世によって1025年に建立された寺院で、鬱蒼とした森の中にあります。いや〜、虫除けスプレーが何の意味もないくらい蚊にさされました…。
管理人のおじいさんがいて、特別に鍵を開けてもらい、祠堂の中も見せてもらいました。高さ9m、幅4mだそうです。回廊はほとんど崩壊。
DSC02041.jpg DSC02048.jpg
DSC02052.jpg DSC02057.jpg

次の遺跡はハンチェイ(Phnom Hanh Chey)というリゾート地です。ここにも遺跡があります。こちらもスーリャバルマン1世が建立した初期のクメール様式の建造物で、スーリャバルマン7世まで4つの遺跡が作られたそうです。3つは山の上に、1つは麓にあります。
お坊さんに遺跡の名前を教えてもらいました。
(@Brasat Breikam ABrasat Amdong Praeang BBrasat Pratea CBrasat Neing Cmor)

写真は左からスーリャバルマン1世、2世、3世、7世
DSC02060.jpg DSC02065.jpg
DSC02081.jpg DSC02105.jpg

ここには近代的な寺院もあり、謎の果物や食べ物の模型たち(特大)がたくさんあります。
DSC02068.jpg DSC02075.jpg

午後からはみやこさん、まあちゃんんと合流してプレア・ノコール(別名ルーン・プレア・スダイッコン)へ。カン王によって9世紀に建立された遺跡です。元々祠堂は3つあったそうですが、1つは戦争によって破壊し、現在は2つだけ残っています。
DSC02111.jpg DSC02113.jpg
DSC02117.jpg DSC02122.jpg

帰りにチュップゴム農園へ。とにかく広い。ゴム農園で働く人々は宿舎が付きのようで(出稼ぎ?)1年くらいここで働くのもアリかなと思いました。
DSC02142.jpg DSC02143.jpg
posted by キョウ at 20:00| Comment(0) | コンポンチャム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンポンチャムの旅@

遺跡がたくさんあるコンポンチャムに行って来ました。
プノンペンから約3時間で到着。コンポンチャム隊員のまあちゃんにバス停まで迎えに来てもらい…
まず連れてってもらったのは日本の無償援助で作られた絆橋です。

左側の小さい塔はフランス植民地時代に作られたフランス監視台。残念ながら入口が水没しており入れず…。
DSC01943.jpg DSC01945.jpg

次に大好きな遺跡へ。中心部から2kmくらいのワット・ノコール(別名ノコール・バチェイ)です。
スーリャバルマン2世が12世紀に建立した寺院ですが、名前は地方の王の名前(バチェイ王)がこの地に立ち寄ったことからこの名前が使われているそうです。
彫刻も綺麗に残っています。外壁が半分くらい崩壊していましたが、入口から中央祠堂まで参道が僅かに残っています。
DSC01965.jpg DSC01968.jpg
DSC01972.jpg DSC01984.jpg

その後、プノンプロ・プノンスレイという山へ。日本語だと「男山・女山」です。
この山にまつわる昔話が、カンボジアで結婚した場合、女性の家に婿入りする文化につながったようです。プノンプロは山頂まで車などで行けますが、プノンスレイは217段の階段を上りました。

プノンスレイの入り口と山頂からの眺め
DSC01989.jpg DSC01991.jpg

プノンプロの入り口と山の麓にあった謎の仏陀パーク
DSC01995.jpg DSC02009.jpg
DSC02012.jpg DSC02013.jpg

次に行ったのがコッパエンという、竹の橋で有名な所。でも今は雨季で推移が高くなり、竹の橋は跡形もなく流されていました。このコッパエンの近くにあるのがボトム・ラタナック・デイドッという
名前のお寺。コンポンチャム隊員から「ガリガリ君」の名で親しまれている仏像があります。
DSC02017.jpg DSC02026.jpg

晩ご飯はチャム隊員のリコさん、みやこさん、なかじさん、まあちゃんと。
すっごく楽しかった〜。みんな忙しいのに、集まってくれて感謝です。
DSC02033.jpg
posted by キョウ at 01:33| Comment(0) | コンポンチャム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

クメール語研修終了

6日間のクメール語研修が終了しました。
結構ハードな1週間で、疲れました。成果は…う〜ん、微妙。
とりあえず習った単語を覚えようと思います。

最終日は修了式があり、修了証書をいただきました。
パンタ先生、とってもわかりやすい授業、ありがとうございました。

授業の中でパンタ先生にポル・ポト時代のお話をしてもらったんですが、衝撃的でした。
ご家族を亡くされた先生の話は、負の遺産を身近に感じました。

パンタ先生(女性)とチョビ先生
DSC01935.jpg DSC01938.jpg
posted by キョウ at 22:58| Comment(0) | プノンペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

カレー日和

同期のシニアボランティア、玉野井さんがカレーを作ってくれました。
NTCでは「料理は全然できない」と聞いていたのですが…これが上手なんです。
きっと料理のセンスがあるんですねぇ。
前回、「エビのフリッター&アボガドサラダ」という私が作り方すらわからない料理も作ってくれました。いつもゴチになってます。

可愛らしい玉野井さん作カレーライスをみんなと
DSC01923.jpg DSC01925.jpg
posted by キョウ at 20:38| Comment(0) | プノンペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。