2013年03月23日

帰国

2013年3月22日(金)
2年間の任期を終え、日本へ帰国。後輩隊員たちがお見送りに来てくれました。感謝☆

カンボジア滞在中にお世話になったみなさんへ、心より感謝申し上げます。
このブログを読んでくださった方も、ありがとうございました。
協力隊やカンボジアに興味を持ってくれた方がいらっしゃったら、嬉しく思います。

posted by キョウ at 22:43| Comment(0) | プノンペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

帰国に向けて

2013年3月13日(水)
任地バンテアイミエンチェイからプノンペンへ移動。赴任当時は「どえらい所へ来てしまったな…」と思った任地ですが、別れる時は寂しくなりました。
☆お世話になった大家さんと☆
DSC07527.jpg

2013年3月14日(木)&15日(金)
JICA事務所での帰国報告会。私は初日の発表でした。クメール人と一緒に日本語教育の仕事ができなかった2年間は今でもやっぱり残念です。環境に恵まれなかったな。
☆帰国報告中のワタクシ☆
DSC07558.jpg

2013年3月16日(土)
送別会を開いて頂きました。ありがとうございます。2年間お世話になりました。
☆同期と&集合写真☆
DSC07608.jpg s_IMG_3305.JPG
posted by キョウ at 00:34| Comment(0) | プノンペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

最後の出勤

2013年3月11日(月)
ミエンチェイ大学への最後の出勤となりました。授業は先週で終わったので、今日は自分の机の整理、教室の掃除。引き継ぐ人がいないので、KOICAの先生に鍵の管理などをお願いしました。ご迷惑をおかけします…。
教室、モップもかけて綺麗にしたけど、明日になったらまた汚くなってるんだろうな…。
最後に学長に挨拶して、配属先での活動が終了しました。お世話になりました。

最後に学長と&日本語の教室
DSC07522.jpg DSC07515.jpg


夜、カンボジアへ帰ってきたチャンレーと、KOICAのヨンジュさんと晩ご飯。チャンレーがおごってくれました〜☆別れは寂しいですね。
DSC07523.jpg
posted by キョウ at 23:57| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚式

2013年3月10日(日)
配属先の学部長の結婚式に招待して頂いたので、出席してきました。開場は新婦の実家のあるモンコール・ボレイという街で、州都のセレイソホンからは車で20分くらいの所です。
外国人教師は、韓国人4名、中国人2名、日本人1名が出席しました。外国人が田舎の民家に押し寄せたので、一瞬会場の空気が変わりました…。
カンボジアの結婚式によくあるダンスタイムはなく、最後に踊りたかったのでちょっと残念。
サルッ先生、末永く、お幸せに。

☆ミエンチェイ大学の先生たちと☆
DSC07482.jpg DSC07495.jpg
posted by キョウ at 02:05| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

送別会A

2013年3月9日(土)
日本語クラスで勉強していた学生を招いてパーティーをしました。学生がクメール料理を作り、私が日本料理。日本料理で何がいいかな?と考え、ちらし寿司、巻きずし、天ぷらを作りました。
パーティーはお店で行ったのですが、料理を持ち込んでも何にも言われません。このおおらかさがカンボジアって感じがします。
みんなから、たくさんプレゼントをもらいました。ありがとう☆
(でも、授業にちゃんときて勉強してくれるのが一番のプレゼントなのよ…)

私が帰国しても、日本語を忘れないように勉強を頑張ってほしいなと思います。
みんな、元気でね。
DSC07448.jpg DSC07452.jpg
posted by キョウ at 00:20| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

送別会@

2013年3月8日(金)
送別会第一弾。同任地えのぽんと共にお世話になった人々を招いてパーティーをしました。
KOICAのオッキョンさん、ミナさん、ナラムさん、ミエンチェイ大学の卒業生のキムハンさん、カンニャーさん、そして任地での困難な家探しを手伝ってくれたおじさん。

バンテアイミエンチェイに来て、まず困ったのが、住む家が見つからなかったことでした。
外国人が少ないため、外国人に家を貸すということに抵抗がある感じでした。普通、任地へ行ってから1カ月程度で家が決まりますが、私は2か月半、えのぽんはそれ以上に探す時間がかかりました。
そんな時に現れてた救世主が、日本に留学している子供がいるおじさんでした。
このおじさんがいなかったら、家が見つからなかったんじゃないかと思います。本当に感謝しています。
それで、今日のお別れに、涙が出てしまいました。
バンテアイミエンチェイにまた来ることがあったら、また会いたい人の一人です。

来てくれたみんな、ありがとう。
DSC07438.jpg DSC07444.jpg
posted by キョウ at 22:17| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の授業

2013年3月7日(木)
帰国まであと2週間。明日は「国際女性の日」で休日となるため、今日が最後の授業となりました。
配属先は2月26日から後期授業が開始されましたが、前期・後期の授業が開始となっても学生はたいてい休み続けます。単位とか平気なのか疑問です。
先週もほとんどの学生が日本語の授業に来ず、最終日も寂しい終わり方となりました。

2年間を振り返ると、私はこの大学でいい先生だったとは言えません。余裕がなさ過ぎました。
何もかも一人で行うカウンターパートのいないマンパワーの活動。広がらない、繋がらない活動。
配属先のニーズ(就職に役立つ日本語力を身に着けさせる)と、学習者のニーズ(学費も安いし、なんとなく)の違いに、どう教えていったらいいのか、わからなくなりました。
配属先の「すべて任せる」は「丸投げ」と紙一重だなと感じた2年間。

文化紹介を多く取り入れるやり方も一つの手段です。でもそれは日本語教師でなくてもできること。
だから私にしかできない「日本語を教える」ことを中心とした活動を行いました。
でも、それが学生にとって良かったことなのか、よくわかりません。

日本語コースに単位があったら、真面目に勉強したのか?
日本語が学科だったら、真面目に勉強したのか?
私の教え方が上手かったら、真面目に勉強したのか?
クメール人の先生がいたら、真面目に勉強したのか?

どうして、授業に来ないんだろう。
どうして、宿題をしないんだろう。
どうして、覚えないんだろう。
どうして、日本語を勉強したいんだろう。

JICAのボランティアを一人送るのに、多額のお金がかかります。
できれば、たくさんの学生に学んでほしかったし、将来の自分のために本気で取り組んでほしかった。
カウンターパートに、私の持ってる技術や知識をすべて伝えて、ステップアップしてほしかった。
そんなことを考えながらの大学からの帰り道、ちょっと涙が出ました。

日本語コースの最後の授業に来た学生たち
初級U
DSC07434.jpg

初級T
DSC07436.jpg DSC07430.jpg

posted by キョウ at 01:29| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

絆フェスティバル2013

213年2月21日(木)〜24日(日)まで、プノンペンのCJCCで「JAPAN CAMBODIA KIZUNA FESTIVAL 2013」が行われました。催し物のひとつ、「コスプレショー」が気になったので、見に行ってきました。
長らく海外にいるので、何のキャラクターかは分からなかったのですが、すごかったです。カンボジアの人々も参加していました。
DSC07421.jpg DSC07411.jpg

CJCCの先生方、お疲れ様でした。

posted by キョウ at 01:03| Comment(0) | プノンペン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

マレーシアの旅

マレーシアは、ジョホール・バル、マラッカ、クアラ・ルンプールへ。物価も少し安くなり、旅がしやすくなりました。

〇ジョホール・バル
DSC06806.jpg DSC06822.jpg

〇マラッカ
DSC06847.jpg DSC06911.jpg

〇クアラ・ルンプール
DSC07212.jpg DSC07375.jpg

マレーシアは交通機関も便利だし、食べ物も美味いし、景気も綺麗だしでとてもいい国でした☆


posted by キョウ at 01:53| Comment(0) | マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

シンガポールの旅

最後の任国外旅行へ行ってきました。まずはシンガポールへ。
シンガポールでまず感じたこと…物価が高い!ってことです。カンボジア・タイ・ベトナムの旅と比べると、何から何まで高いです。特に、ホテル代。ゲストハウスでも結構なお金がかかります。日本の物価に慣れるのにも時間がかかりそうです。

シンガポールといえば、マリーナベイサンズ!海の上で行われていた光と噴水のショーは一見の価値ありです。
DSC06294.jpg DSC06475.jpg
posted by キョウ at 01:05| Comment(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

貴重な経験

2013年2月7日(木)
バンテアイミエンチェイ州のお隣、バッタンバン州にJMASという地雷処理のNGOがあり、見学をさせて頂きに行ってきました。見学の前に、地雷原などについてレクチャーを受けます。
DSC06119.jpg DSC06097.jpg

当日、2つの新たな地雷も見つかり、爆破の瞬間に立ち会うことができました。もちろん危険のない遠くからの見学なので、瞬間とはいえど音だけですが、ものすごい轟音と煙でした。
DSC06126.jpg DSC06164.jpg

カンボジアから、1日でも早く地雷がなくなることを願っています。

posted by キョウ at 02:46| Comment(0) | バッタンバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

最後のシェムリアップ

2月1日〜4日までシアヌーク前国王の服喪期間のため配属先が休みとなったため、多分最後となるシェムリアップへ行ってきました。
アンコールワット、バイヨンをじっくり見て、もう一度見ておきたい遺跡を周りました。
初めて行く遺跡は、バンテアイサムレ、プノンボック、タケオなどです。

遺跡が好きなので、アンコール遺跡は結構周りました。まだまだバイクでなければ行けない遺跡もたくさんあります。ボランティアはバイクに乗れないので、またいつの機会かに行けたらいいなと思います。

シェムリアップの都会と田舎のバランスがとても好きで、更に都会での買い出しが必要ないシェムリアップ隊員を心底羨ましく思いました。でもきっとそれぞれの任地に素敵な所と嫌な所があるんでしょうね。やっと任地が田舎であることにも抵抗がなくなってきたと思ったら帰国です。

遺跡を見に、またいつかシェムリアップを訪れたいです。

ロリュオス遺跡群
〇プリア・コー(879年/インドラヴァルマン1世/ヒンドゥー教)
DSC05595.jpg DSC05619.jpg

〇バコン(881年/インドラヴァルマン1世/ヒンドゥー教)
DSC05638.jpg DSC05657.jpg

〇ロレイ(893年/ヤショーバルマン1世/ヒンドゥー教)
DSC05679.jpg DSC05677.jpg

プノンボック(9〜10世紀前半/ヤショーバルマン1世/仏教)
DSC05688.jpg DSC05727.jpg

バンテアイサムレ(12世紀前半/スーリャバルマン2世/ヒンドゥー教)
DSC05941.jpg DSC05938.jpg

プレ・ループ(961年/ラージェンドラバルマン2世/ヒンドゥー教)
DSC05949.jpg DSC05953.jpg

プラサート・バッチュム(10世紀/ラージェンドラバルマン2世/ヒンドゥー教)
DSC06002.jpg DSC06003.jpg

プラサート・クラヴァン(921年/ハルシャバルマン1世/ヒンドゥー教)
DSC06008.jpg DSC06013.jpg
posted by キョウ at 00:43| Comment(0) | シェムリアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

シアヌーク前国王

カンボジアでは、故シハヌーク前国王の第2服喪期間が2013年2月1日(金)〜7日(木)となっており、配属先も休みとなりました。2013年2月1日は葬列、4日は葬儀が行われました。
4日の午後6時半、火葬されるその時間、バンテアイミエンチェイでも花火が打ち上げられました。テレビを見ていたら、プノンペンでは砲台による空砲と花火が打ち上げられていました。
きっと、全ての州で前国王の死を悼み、黙祷が捧げられたのでしょう。
ご冥福をお祈りします。

2月1日のテレビで見た葬列の様子
DSC05586.jpg
posted by キョウ at 22:11| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

カンボジアの床屋さん

自宅から配属先までの道のり約6km、何軒かの床屋さんがあります。そのうちの一軒…ほとんど営業していないのです。廃業したのかな?と思うと、フトお客さんの髪を切っている所に出くわしたりします。
利益が非常に気になります。

この床屋さんの看板がまたスゴイ。ツボにはまるセンスです。
DSC05581.jpg DSC05583.jpg
posted by キョウ at 23:40| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の活動

2013年1月29日(火)
任期終了まで、2カ月を切りました。2月は配属先の期末試験と期末試験後の休みがあり、活動ができないので、今は1クラス2時間ずつ、6時間の授業をしています。
日本語は教える時間の3倍の準備時間が必要なので、結構大変な毎日です。私が帰国したあとは日本語コースはなくなってしまいますが、学生たちが自分で復習して知識をモノにしてくれることを願っています。

先日、英語教師であるマオ先生と話す機会がありました。ミエンチェイ大学の先生たちは複数の仕事を掛け持ちしており、多忙で職員室にも来ないため、あまり話す機会がないのです。
マオ先生からのありがたい言葉。
「ボランティアが自分の時間をカンボジアのために使ってくれていること、カンボジアの発展、カンボジア人の教育向上に貢献してくれていることに感謝している。日本語を一人で教えて大変だけど、ありがとう。」
…ちょっと泣きそうになりました。初めてこういうことを言ってくれた先生です。

マオ先生、温かい言葉をありがとうございます☆
DSC05568.jpg
posted by キョウ at 00:02| Comment(3) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

折り紙教室

2013年1月24日(木)
バンテアイミンチェイでのお仕事を終えたハルさんが、ミエンチェイ大学に寄ってくださいました。
そこで、急遽折り紙を教えて頂くことに。(無茶ぶりでごめんなさい)
流暢なクメール語で「鶴」の折り方を教えて頂きました。ありがとうございます!

このクラスは「みんなの日本語T」が始まったばかりで、まだ日本文化紹介イベントを何もしていなかったので、とても助かりました。
クメール人は何でも直してしまうので、「器用だな〜」といつも思いますが、折り紙のような細かい作業は若干苦手のようです。でも、みんながんばって折り紙を楽しんでくれました。

ハルさんの説明を聞いて、鶴を折っている学生たち
DSC05575.jpg DSC05580.jpg
posted by キョウ at 23:21| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりのお客様

2013年1月23日(水)
元カンボジアJOCVのハルさんが、お仕事でバンテアイミエンチェイへいらっしゃいました。
お客様の少ないバンテアイミエンチェイ、寂しい限りです…。
いろいろとお話ができて、楽しい夜となりました☆
DSC05570.jpg
posted by キョウ at 00:00| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

ワンピース茶

タイへ行った友達から送られてきた写真です。
なんと、ワンピ―スのお茶です!!麦わらの一味全員分あるようですが、ウソップ、フランキー、ブルックのお茶は見かけないとのこと。
フランキー、ブルックは初期メンバーではないからおいておくとして、
がんばれ、ウソップ〜〜……(涙)。

このお茶は、タイ国内のセブンイレブンなどで売っているそうです。
カンボジアにもセブンイレブン来ないかなぁ。

写真はゾロ、サンジ、ルフィのお茶。ルフィの「オリジナル」はただの緑茶ってことでしょうか??
DSC05393.jpg
posted by キョウ at 01:29| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

アンコールパス無の旅

2013年1月19日(土)〜20日(日)
日本からお客様が来られることになったので、シェムリアップへ。空き時間で、アンコールパスが要らない箇所へ行ってきました。まずは、西バライ周辺の遺跡へ。

1)西バライ(西メボン)
スーリャバルマン1世によって11世紀末に建立された仏教寺院です。「横たわるヴィシュヌ神」が発見されたことで有名な遺跡です。ボート乗り場からボートで10分くらいで着きます。(1人10ドル)この遺跡は現在修復中で、柵が立ち入り禁止になっており、近くで見ることができませんでした。見学可能時期は数年単位で未定とのこと。
DSC05486.jpg DSC05482.jpg

2)アック・ヨム
7世紀建立のヒンドゥー教寺院です。ピラミッド型寺院としては最も古いそうですが、西バライ建設によって大部分が湖の中に沈んでいるそうです。祠堂の頂部の祭壇の下には聖水が流れ込む深い穴(落ちたら死にそうな)があります。
DSC05402.jpg DSC05405.jpg

3)スピアン・メマイ
古代橋で、石で造られたアーチ形の橋です。長さ79m、幅9mもあったそうですが、現在はその一部のみ残っています。アック・ヨムからプラサート・プノン・ルーンへ行く、村の中にあります。
DSC05421.jpg DSC05425.jpg

4)プラサート・プノン・ルーン
プレアンコール時代の、煉瓦を高く積み上げて建てられた神聖な寺院です。砂岩で造られていますが、崩壊がひどく、あまり残っていません。大きなヨニが残っています。
DSC05439.jpg DSC05442.jpg

5)プラサート・コック・ポー
8世紀建立の、バラモン教の寺院で、9世紀にジャヤバルマン3世がここを休憩所として、更にクメール語とサンスクリット語の碑文を作ったようです。
DSC05448.jpg DSC05456.jpg

6)プラサート・カッ・ホー
西バライを前にして、右の赤土の道を300mほど進み、田んぼを歩いてサトウヤシが群生している所の下に埋もれている遺跡です。柱にサンスクリット文字が刻まれてました。かなり大きかったと思われる遺跡ですが、わずかに残っているだけです。詳細不明。
DSC05474.jpg DSC05471.jpg

移動して、南部の遺跡へ。

1)ワット・アトヴィア
スーリャバルマン2世建立の、12世紀前半のヒンドゥー教寺院です。修復され、周壁、中央祠堂、経蔵が西向きに建っています。中央祠堂の壁面にはサンスクリット文字やデバターの彫刻、下書きのデバターなども残っています。
DSC05519.jpg DSC05537.jpg

そして、アンコールバルーンに乗って来ました。(1人15ドル)
バルーンは地上200mの位置で止まり、10分間くらい停留します。アンコールワット、プノンパケン、西バライ、プノン・クロム、プノン・ボックなどが見られます。特に、アンコールワットは近くで見ることができるので、その壮大さは圧巻です。時間を考えたら高いけど、おすすめです。
DSC05497.jpg DSC05513.jpg
posted by キョウ at 23:59| Comment(0) | シェムリアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

教え子との再会

2013年1月17日(木)
ミエンチェイ大学を卒業して、シェムリアップで働いているキムハンさんがバンテアイミエンチェイに遊びに来てくれました。
一生懸命日本語を勉強してくれた学生で、かつ色々と手伝ってくれた思い出深い学生です。
社会人となって、たくましくなっていたキムハンさんでした。
夜、同じくミエンチェイ大学を卒業して、社会人となったカンニャーさんと、キムハンさんの弟のタックハイさんも来て、みんなで晩ご飯を食べました。

キムハンさん、ガイドの仕事がんばってね☆
DSC05395.jpg DSC05397.jpg
posted by キョウ at 01:38| Comment(0) | バンテアイミエンチェイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。